みなさん、おはようございます。こだまんです。

今から5年くらい前の話ですが、友人と夜釣りに出かけたときのことです。

夜釣りをするには寒い時期だったんですけど釣りキチの友人が「みんなで夜釣り行こうよ!」って言うんで仕方なく行きました。

現場に着いて数時間釣りをするも全くアタリなし・・・

寒くて釣れなくて心が折れそうだったので、せめて体を温めようと思い一人で近くの自販機にコーヒーを買いに行くことにしました。

夜中の2時くらいだったと思います。釣りをしていた堤防から500m程離れていたので体を少しでも温めるために走って行こうと思い、ジョギングで行くことにしました。

砂利の上をジャリジャリいわせながら(ダジャレじゃないよw)走っていると、どこからともなく

ワン!ワン!ワン!ワン!

と聞こえてきました。

ビックリして立ち止まると、前方にうっすらと3匹の犬が見えるではありませんか!

殺られる!」と直感で思いましたw

このまま真っ直ぐ進んだら間違いなく殺られます。

すかさず進路を変えて3匹の犬となるべく距離を取りながら街灯の近くを歩いて行くことにしました。

少し歩くと木の棒を発見。

これは願ってもないアイテム。早速拾い上げ地面を叩いて強度を確認します。

3匹の犬を殺れるかどうかのw

「異常なし!」強度はバッチリでしたw

「来るなら来い!いつでも相手になってやる!」と気合いを入れながら自販機のところまで歩き出しました。

どうやら犬は追ってきてない模様。

「あ〜よかった。」と内心安心しつつも、念のため棒は捨てずに握りしめて自販機のところまで向かいました。

道を渡れば自販機というところまで来たときハッとしました。

木の棒を持って夜中の2時に自販機の前に立っている男の姿』を想像してみてください。

明らかに犯罪の匂いがプンプンしますねw

くせぇー、どう考えてもくさすぎるwww

もしも警察がパトロールとかしてたら絶対職務質問されるでしょ!

そこで棒は一旦、置いて渡ることに。

そして無事何事もなく、あったかい缶コーヒーをゲットしました。

ちゃんとお金を入れてゲット(購入)しましたからね。木の棒で自販機を破壊してゲット(窃盗)したわけじゃないですよw


今度は帰り道です。またまた木の棒を拾い上げて釣り場へと戻ります。

でも、もう犬はどこかに行ってしまっていて会うことはありませんでした。

「残念!バトルは次回に持ち越しだ!」

堤防に着いて友人にコーヒーを差し入れすると一言。

「さっき、犬に吠えられてなかった?www」

「そうだよ、その通りだよ!オレはお前らにあったい缶コーヒーをご馳走するために命を張って来たんだよ!」

心の中でそう叫んでいる自分がいましたw

みなさん、くれぐれも夜釣りには注意してくださいね。

毒を持った魚も夜は釣れやすいですが、ぼくみたいに野良犬に遭遇することもありますので。

この夜釣りで学んだことは、まだ野良犬っているんだなってことと、自分は良かれと思ってやっていることが第三者から見ると怪しい行動に見えるということです。

その日、朝の5時まで釣りをして何も釣れなかったことは、ここだけの秘密にしておいてください。