みなさん、おはようございます。こだまんです。

名前だけでも覚えて帰ってくださいねw


『魚釣り、最高!』

ということで、こんな最高なものをひとり占めしてはいけないので少しでも多くの人が魚釣りに興味を持ってくれたらと思い、筆ならぬキーボードを取りました。

まだ魚釣りをしたことがない方、やったことあるけど何も釣れなくて楽しくなかったという方も、ぜひご一読いただければうれしいです。

ぼくは現在アラフォーですが、魚釣りの歴史はかなり長いです。もう30年以上魚釣りをやってます

アラフォーで30年以上ということは物心ついたときから釣りをしているということです。

30年以上も継続する趣味もなかなかないですよね。ぼくはこのまま死ぬまで魚釣りを続けるつもりです。

その理由は大きく3つあります。


1.ゴールがない。

2.自然相手で気分をリフレッシュできる。

3.一生の趣味になる。


それでは1つずつ解説していきますよ~。





1.ゴールがない。

魚釣りにはゲームのような「全面クリア」という明確なゴールがありません。

何匹釣ったら終わりとか、何cmの大物がラスボスみたいなそういうのじゃないので、宇宙じゃないけど果てがないんです。

ぼくはけっこう熱しやすく冷めやすいタイプの人間なので何かを始めてハマったときは、もうそのことしか考えないくらいドハマりしますが、ある程度のとこまでいくと一気に冷めてしまって飽きちゃいます。

子どもの頃はゲームもそんな感じで、RPGとかやっててもラスボスを倒す前に飽きてしまい外で遊んでいました。それこそ近所の川に釣りに行ったりとか。

そんなぼくが30年以上も飽きずに釣りを続けているのはすごいことです(笑)

それはやっぱりゴールがないからだと思うんですよ。ボスもわからないし。

ぼくはここ5年くらいは黒鯛(クロダイ)【通称:チヌ】という魚をメインターゲットに釣りをしています。

チヌを知らない方、こんなんです↓

IMG_4235

ぼくは、このチヌのフォルムがめちゃめちゃ好きなんですよ。超カッコよくないですか?ぼくは魚の中でチヌが一番カッコイイと思っています。

それくらいチヌを愛しているんですよ(笑)どれくらい愛しているかは以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】釣り歴30年以上の「釣りキチ」がチヌ釣りの醍醐味について熱く語る!

【関連記事】【全層チヌ】同じ条件で釣りをしたら釣れるのは『チヌへの愛情』が深い方だ!

ゴールはないといいましたが、ぼくの中で目標としているサイズはあります。

それは「ロクマル」と呼ばれる60cm以上の化け物チヌです。こんなん狙って釣れるようなもんではありません。

が、いつか釣ってみたいです。

『死ねません。釣るまでは(笑)』





2.自然相手で気分をリフレッシュできる。

釣りの朝は早いです。夜明けとともに釣りを開始できるように出発していくので夜明けが早い夏場は行く場所にもよりますが午前2時、3時の出発が当たり前です(笑)

そして現場に着くと黙々と準備に取りかかります。準備中にこんな朝焼けが見れることもあります。

IMG_4233

朝焼け、穏やかな波、心地よい風……

超気持ちいいです!

仕事の悩みとか、家庭の悩みとか、人生の悩みとか、そんなのは一瞬で吹き飛びます。

大自然の中で広い海を見ていると自分の悩みなんかちっぽけなものに思えてきます。

気分は一気にリフレッシュしますよ!鬱病の方にもいいんじゃないかと思います。鬱病の方にはトイレ掃除もおすすめです。

関連記事:【良薬】鬱病の方にはトイレ掃除で心の掃除をすることをおすすめします。


晴れていたかと思えば急に雨が降ってずぶ濡れのなか釣りをすることもあったり、風が出てきて釣りにならなかったりするときもありますが、それもひっくるめて釣りはいいですね。

言っときますがドMじゃないですよ(笑)

自然相手なので全く同じ条件で釣りをできることは二度とありません。同じような感じの海の状況でも釣れるときもあれば全く釣れないときもあります。

そういうのも釣りの面白さですね。釣れないときにいかに工夫して考えて考えて考えて……

価値ある1匹
を釣り上げるかみたいな。

そういう試行錯誤している時間も好きです。





3.一生の趣味になる。

激しいスポーツや体力がいるようなスポーツは「一生の趣味」にはできません。

どうしても年齢とともに体力は落ちてきて激しい動きもできなくなります。

でも釣りは激しく動くことはないし、体力もいらないので体が衰えてきても全然できます。

これぞ「一生の趣味」。こんなのなかなかないですよ。

ぼくは釣具屋でバイトしてたことがありますが、70歳を超えたおじいちゃんが元気に毎週釣りに行ってました。

「盆」、「正月」、「葬式」以外は毎日釣りに行くという70歳を超えたハイパーおじいちゃんもいました(笑)

一年のうち360日は釣りに出かけているそうな(笑)

もうこの人が証明しています。釣りが「一生の趣味」になることを。

年をとると起きるのも早くなって釣りには好都合じゃないかとすら思っています(笑)

毎日釣りに出かけて、のんびりとその日食べる分だけ釣って、帰りは温泉でも入って、家に着いたら魚をさばいて、おいしくいただく。

そして、晩酌しながら次の日の釣りの計画を立てる。

想像しただけで最高の老後ですね。よだれが出ちゃった(笑)






釣りが「一生の趣味」になることがおわかりいただけたでしょうか。

ぼくはこうして記事を書いている間にも釣りに行きたくてうずうずしてきました(笑)

まだ釣りをしたことがない人は、人生の中で一度は経験してみてください。

大物の引きを1回味わったら絶対やめられなくなります(笑)

釣りの帰りに釣りに行きたくなります。

釣り、最高。