尾長と口太見分け方


みなさん、おはようございます。こだまんです。

名前だけでも覚えて帰ってくださいね。



ぼくの魚釣りは堤防からの「全層超法でのチヌ釣り」が九割九分をしめています。

が、エサ取りでお持ち帰りサイズのアジやクロ(グレ)が釣れれば、まずは晩飯のおかずにそっちを何匹か釣っておいて、本命のチヌへと切り替えます。

クロは「木っ端グロ」と言われる手のひらサイズ以下は、けっこうわいていることが多くて、マキエ投入と同時に水面がばちゃばちゃするときもありますw

これはめちゃめちゃジャマなエサ取りですね。

でも、たまに足の裏サイズ~30cmクラスのクロが釣れることもあり、やわらかいチヌ竿がギュンギュンにしなります

クロには尾長(オナガ)と口太(クチブト)の2種類がいるのは、みなさんご存知だと思いますが、その見分け方ってわかりますか?

今回は超簡単な見分け方についてご紹介します。



見分け方は、ずばりエラブタのフチの色。


ぼくは、オナガとクチブトの違いはず~っと尾の長さの違いだと思っていました。

オナガはその名の通り尾ビレが長くてシャキーンってなってるw

クチブト(口が太いの?)は短い。

その違いだけだと思っていたんです。

口太の尾びれ
尾長の尾びれ


あとはオナガの方が引きが強い。そのくらいしか知識としてありませんでした。

実際、30cmくらいのオナガを釣った時はめちゃめちゃ引きました。

チヌ竿で釣るもんじゃないですねw

堤防の下に突っ込んでいこうとするのを阻止するのに竿を寝かせて必死に耐えたのはいい思い出です。

そんなオナガですが、一番簡単なクチブトとの見分け方はずばりエラブタのフチの色です。

オナガはエラブタの縁の数ミリに黒っぽくラインが入っています。

クチブト
オナガ


ねっ、全然違うでしょ!?

こんなにもハッキリと違うんです。

これを知ってからは100%見分けられるようになりました。

正直、尾ビレを見てもぼくには違いがよくわかりませんw

エラブタのフチに黒っぽいラインが入った方がオナガ!

たったのこれだけです。

今まで尾びれを一生懸命みていたのは何だったんだ……。


次回の釣行でクロが釣れたときはチェックしてみてください。

一発で見分けられるようになると優越感に浸れますw