ガン玉収納


みなさん、おはようございます。こだまんです。

名前だけでも覚えて帰ってくださいね。

ぼくは全層釣法のチヌ釣師ですが、全層釣法に欠かせないアイテムの1つがガン玉です。

ここでいうガン玉は7(G7)からBくらいまでのサイズの小さいものです。

小さいのはジンタンといったりもしますね。

このガン玉の収納ってみなさんはどうされていますか?

大抵の人はケースに入れて収納していると思います。

ぼくも小物ケースに入れて収納していますが、今回はぼくの失敗した経験からたどり着いた収納の仕方を紹介します。



収納の失敗。


ぼくがガン玉収納に使っている小物ケースはシマノのこちら↓


これの白を使っています。

ゴムパッキンがついているので海に落としても安心です。

数回落としましたが水は入っていませんでしたケース自体が浮くので慌てず救出できますw

これは3ヶ所の収納が3列ついているタイプなので9種類まで収納できます。

ぼくは最初、あまり深く考えずにこういう収納の仕方をしていました↓

ガン玉収納失敗例


左下から順番にわかりやすく並べていたつもりですが、これだと1列に近いサイズのものが収納されることになります。

例えば左の列の真ん中は6(G6)で上が5(G5)、下が7(G7)なので±1サイズの差しかありません。

これの何が問題かというと、サイズが近くてパッと見違いがわかりません

1サイズの大きさの違いってわかりにくいので、開けている列のガン玉(3種類)を落としたりしたときに間違って別の場所に戻したり、混ざってわからなくなったりします。

そこで収納の仕方をかえました。



サイズの違いがわかるように収納改善。


ぼくのおすすめする収納はこちらです↓

ガン玉収納例



これだとサイズが順番に並んでいて取り出しやすいし、1列あたりのガン玉のサイズの差が大きくなります。

例えば左の列だと、中央は4(G4)、上は1(G1)、下は7(G7)なので±3サイズです。

3サイズも違えば落として混ざったり、取り出すときに誤って隣のポケットに入ってもパッと見すぐに違いがわかります。

パッと見すぐ違いがわかる」というのはすごく重要で、わからないと「どっちだっけ?」と悩むことでストレスになるので心の健康にもいいですね。

ちょっと収納の仕方を変えただけで簡単なことですが、「サイズの違いがわからず元の場所に戻せない問題」が解決できたので、大満足の結果になりました。

なんでも現状に満足せず工夫して改善していくって大事だなぁと思う今日この頃です。

それではよい釣り人生を!



あわせてよみたい。


【全層チヌ】持っておくべきガン玉のサイズと使い分けは?

【全層釣法】ハリスにつけるガン玉(ジンタン)は景山産業のラバーコートがおすすめ。