最後の1投

みなさん、おはようございます。こだまんです。

名前だけでも覚えて帰ってくださいね。


釣れないときは何をやってもさっぱり釣れない……。

魚釣りってそういうもんです。

2時間半かけて行った釣り場でエサ取りのイワシ1匹……。

そんなときもありますw

そんなイワシは友達から『黄金のイワシ』と揶揄されることもありますw

「今日はおチヌ様、定休日かな?」というくらいな~んにも反応がないときもあります

かと思えば、ポンポンッと2投連続で釣れるときもあります

自然相手の釣りだから。

思うようにはいきません。

自然相手の釣りだから。
2度と同じ条件はありません。

海の状況は刻一刻と変化します。

その日、何が正解かはチヌが釣れるまではわかりません。

ツケ餌を変えたり、ガン玉を変えたり、ウキを変えたり、ハリスを変えたり、ハリを変えたり、仕掛けや撒き餌の投入ポイントを変えたり……。

思いつく限りのいろんなことを試しながら、その日の答えを探ります。

カットアンドトライを繰り返しながら、やっと捉えたチヌのアタリ。

周りが誰も釣れていないときの価値ある一尾。

タモに納めるその瞬間まで、神経を研ぎ澄まし魚とバトルする。


あれ?なんだか書いているうちにポエムみたいになってきましたw


どうも、こだまんです。すいません。暴走しましたw


チヌ釣りって奥が深いですねぇ~。

チヌに嫌われてしまったら全くもって釣れません。


関連記事【全層チヌ】同じ条件で釣りをしたら釣れるのは『チヌへの愛情』が深い方だ!


だから、釣り場のゴミはちゃんと持ち帰りましょうね(^^)

「自分が出したゴミ+1つ」持ち帰ると、釣りに行けば行くほど、いつの間にか釣り場がきれいになります☆

そこのお父さん。これで釣りに行く口実がひとつできましたねw

「おれは海をきれいにするためにどうしても行かなきゃいけないんだ……。とめてくれるな……。」

「クリーンクリーン大作戦」です。みなさんご協力お願いいたします。


さてさて、前置きが長くなりましたが、今回は「あきらめたら、そこで試合終了だよ。」というスラムダンクの安西先生のノリ的な話ですw

イワシゴ、アジゴ、木っ端グロなどのエサ取りが多くてツケ餌がなかなか通らないとき。

そんなときでもチヌは底で待っています。

ツケ餌を「底」まで届けさえすればヒットしてくることもあります。

なので、最後の1投まで気を抜かないでツケ餌を「底」に届ける工夫をしましょう。

例えば練り餌を大きくして速く沈むようにしたり、ガン玉を普段使わないような「B」とか極端に大きくしてツケ餌が沈むスピード速くする。

底まで届けばチヌが食ってくることがあります。

撒き餌が切れてしまってツケ餌しか残っていないときも、あきらめてはいけません。

撒き餌が底にたまっていれば、チヌがうろうろしながら食べている可能性があるので、撒き餌投入ポイントを通るように流れとかを計算して仕掛けを投入し、底を狙ってみてください。

撒き餌が効いていればヒットすることもあります。

実際ぼくも、この方法でなんどかおいしい思いをしたことがあります。


関連記事【全層チヌ】表層に浮いているエサ取りの対処法~エサが全然通らないときの一手~


みなさんも「最後の1投」まであきらめずにチャレンジしてみてください。

ぼくは最後の1投といいながら10投するくらい往生際が悪いですw

それでは良いチヌ釣り人生を!