IMG_7712

みなさん、おはようございます。こだまんです。

名前だけでも覚えて帰ってくださいね。


キンコン西野さんの新書『新世界』がもう14万部くらいいっててハンパないっす。

発売日が11月16日でまだ10日も経っていない(今日は2018年11月24日)のに14万部ってあなた!!

出す本出す本ベストセラーってやばいですね。

でもそれは決して西野さんが有名人だからということではなくて、届ける努力を人一倍、いや1万倍されているからであって、その辺はサイン本の数や書店巡り、書店員さんとの飲み会等を怒涛の如く繰り返していらっしゃるからです。

オンラインサロンの会員数12000人を超えています。ぼくが生まれ育った町の人口よりも多い……w

そんな西野さんのことに興味を持ち始めたのは、幻冬舎から出ている『革命のファンファーレ』というビジネス書を読んでから。

それまでは、まさかお笑い芸人のキングコング西野さんが「ビジネス書」を書いているなんて、これっぽっちも知りませんでした。

はっきり言ってまったく興味がなかったというのが本音です。だって知らなかったんだもん……西野さんがあんなにめちゃめちゃ頭のキレる人だったなんて……しかも絵本まで作っているなんて……。

もちろん、『革命のファンファーレ』を読んでからは西野さんにドハマりしてしまいました。

テレビで見ないと思っていたら一足先に『新世界』を作りにいってたんですね。おっ、今ぼく上手いこと言いました?w

それはさておき、先日、AbemaTVで「株式会社ニシノコンサル」を見てたら『新世界』をどうやったら30万部売れるかみたいな話がされていました。

で、そこにあとから(名前は忘れましたが)女子大生社長も参戦して30万部売るための会議が始まったんですけど、表紙の色の話になったときにその女子大生社長が「白の表紙が病院?病人?っぽい。革命のファンファーレは赤でよかったけど。」みたいなことを言ったんですね。

ズバッという女子大生社長だなあ~と思ったんですけどw

確かにぼくもそこは思うことがあって『革命のファンファーレ』があまりにもインパクトが強かったので『新世界』はどんな表紙で驚かせてくれるんだろうと期待していたら真っ白で「あれっ?今回は白なんだ……。」とちょっと拍子抜けしてしまいました。

比較するとこんな感じ↓


『革命のファンファーレ』はちょっと尖っていてカリスマ感が出ていますが『新世界』はパッと見「遺書」っぽく見えます。

すいません西野さん、決していちゃもんつけているわけではないんです。一ファンの戯言と思ってください。

どうしてこの白表紙なったのか、ぼくはまったく経緯は知りませんが、出版社さんが大枠を勝手に決めるんでしょうか?そうだったらもっと西野さんの戦略的思考を取り入れて決めればよかったのにと思いました。

真相はわかりませんが。

で、ぼくだったらどうしたかと勝手に考えてみたんですけど黄色がよかったんじゃないかと思ったんですよね。

『革命のファンファーレ』みたいなテカテカした感じの黄色

何でかっていうと『革命のファンファーレ』で、西野さんがプロデュースしたホームレス小谷さんのイメージカラーがじゃないですか。

で、その小谷さん奥さんのもんちゃんのイメージカラーが黄色だから、という単純な発想ですw



なんかよくないっすか?

スナック『キャンディ』で小谷夫婦がママしてくれて赤と黄色の本が置いてあったらよくないっすか?

と思ったというだけの話ですw

まぁいろいろと会議があって決まったんでしょうから、もしかしたら黄色の案もあったかもしれませんね。

これから『新世界』が何部まで伸びるのかが気になるところです。

がんばれ30万部!!