グリル超楽洗


みなさん、おはようございます。こだまんです。

ぼくは「魚釣り」が趣味なので、釣った魚は感謝の気持を込めて「いただきます」。

刺身、煮付け、塩焼き、唐揚げなど魚をさばくところまではぼくがやりますが、そのあとは妻にバトンタッチして料理してもらいます。

ぼくと息子は「塩焼き」が大好きなんですけど、妻に言わせると塩焼きしたあとの「魚焼きグリル」を洗うのが非常にめんどくさい。

ぼくもたまに皿洗いをするのでよくわかります、その気持ち。

キッチンに洗う前の魚焼きグリルがスタンバイされているのを見ると「うっ……。」と心にダメージを受けます。

「中ボスが出てきやがったな」みたいな。いや、もっとかな。

そんな洗う手間のかかる魚焼きグリルですが、先日、勝間和代さんが著書『勝間式 超ロジカル家事』のなかで紹介していた「トレー」を試しに買ってみたら、めちゃめちゃ妻から好評だったので紹介します。

そのトレーがこちら↓



アマゾンでポチってさっそく妻に釣ってきた魚を焼いてもらいました。

気になる感想は……「魚を焼く時間が短くなった」「グリルが汚れないのでトレーを洗うだけでいいのはとっても助かる」「実家にもプレゼントしたいのでもう1つ買っといて」ということでした。

さっさと買っておけばよかったとちょっと後悔しました。

値段も1,000円以下ですからね。安っ!

こんなときは2,000円未満の商品でも送料無料の『アマゾンプライム会員』になっているとお得です。

月間プランは400円(税込)、年間プランだと3,900円(税込)で入れます。送料無料以外にもいろんな特典がついてくるので会費はすぐに回収できますよ。

ちなみにぼくは「アマゾンゴールドカード」を作りました、こっちの方が更にお得だったので。

関連記事まだ送料で浪費してるの?アマゾンプライム入会、おすすめはアマゾンゴールドカード会員になること。


妻から大好評だったこのトレー、超おすすめです。さっそく妻の実家へも追加購入しました。

買ったあとに気づいたんですけど、グリル専用にちょうどいい長さのものもありました。



さっきのトレーの大きさが縦24.8cm×横20.9cm×高さ2cmで名前も「オーブントースター・トレー」となっています。

ですが、こっちは縦28.5cm×横20.4cm×高さ2.7cmで「グリルトレー」という名前なのでグリル専用に縦の長さを調整してあるんでしょうね。

高さもあるので油も飛び散りにくそうです。

値段はちょっと高くなりますが、魚焼きグリルをムダなく広々と使えるのでオーブントースターと兼用で使わない方にはこっちの方がおすすめです。

魚焼きグリルの大きさなんてどれもほとんど似たようなものだと勝手に思っていますが念のため購入前にお持ちのグリルの大きさを測ってからポチってくださいね。

妻にもグリル専用のものを見つけたので、もう1ついらないか聞いてみたいと思います。

ぼくが釣ってくる魚は大きいのでなるべく広々と使えるグリル専用の方がいいかなと思って。

値段もそんなに高いものでもないし今使ってるのはオーブントースター専用で使えばいいので。

2018.1.5追記】妻に聞いたらグリル専用のものもあったほうがいいということだったので2つポチりました。

これは本当にいい買い物でした。魚焼きグリルを洗うのが面倒で使っていないという人は、だまされたと思って是非一度使ってみてください。

勝間さんの本も家事を楽にしたい方におすすめです。

勝間式 超ロジカル家事
勝間和代
アチーブメント出版
2017-03-25


関連記事勝間和代さんの『勝間式超ロジカル家事』から学んだ「料理の原則」とおすすめのアイテムを紹介するよ。