全層マダイ

みなさん、おはようございます。

大晦日の「釣り納め」で宣言通りマダイを釣った”こだまん”です。

正月に「めでタイ」ということで、マダイを持って帰ったら喜ばれるだろうな、くらいのかる~い気持ちで堤防からのマダイ釣りに挑みました。

といってもぼくは生粋の「黒鯛釣師」。普段は基本的にチヌ釣りにしか出かけません。それくらいチヌを愛しています。


関連記事【全層チヌ】同じ条件で釣りをしたら釣れるのは『チヌへの愛情』が深い方だ!


なので、堤防からマダイを本格的に狙ったことなんて一度もありませんでした。マダイなんてチヌ釣りしててチャリコ(マダイの幼魚)が釣れるくらいです。

でも、そこは「できない理由を考える」のではなくて「どうやったらできるかを考える」”こだまん”です。(キリッ!)

なんとか4匹の持ち帰りサイズのマダイをゲットしました。今回はそのときに行った6つのことをまとめておきたいと思います。



1.堤防先端の潮通しの良いポイントを選ぶ。


「マダイは流れの中で食ってくる」と聞いたことがあります。これは基本中の基本。

ということで堤防先端の潮がよく流れるポイントを選びました。

過去に流れのほとんどない場所で60cm級のマダイが釣れたのを見たこともありますし、ぼくも50cmくらいのマダイを釣ったことがあります。

まあでもそれは、チヌを狙っていてたまたま釣れたという要素が大きいので、マダイ狙いのときは本流が流れているポイントがいいです。



2.撒き餌のオキアミは細かくきざまない。


チヌ釣りをするときは遠投もできるように撒き餌のオキアミは細かくきざんで使っていますが、今回はマダイ狙いということで、きざまずに使いました。1匹丸々残る感じですね。

その方が潮をしっかり受けて沖まで流れてくれそうなのでそうしました。

実はこの日、クロ(グレ)も狙っていたため、集魚材はグレ用を混ぜていました。

ブレンドはこちら↓

IMG_8119

オキアミは贅沢にも2角
入れています。チヌ釣りでは細かくきざむということもあって集魚材2袋でも1角しか入れません。

でも今回はマダイ&クロ狙いということでオキアミが重要になるかなと思い奮発して2角入れました。

集魚材に関してはマダイ用というのも売ってありますが、グレ用でも全然問題ありませんでした。

最終的に沖まで流れて行くのはオキアミなので、集魚材は仕掛け投入ポイントへ撒き餌を飛ばすための手助けをする役割くらいに考えといていいと思います。

ただし、チヌ用撒き餌は粘り気があってまとまりがよすぎるので、いつまでも撒き餌の芯が残りオキアミがいっしょに沈んでいってしまうので拡散性のよいグレ用を選んだのは正解でした。


3.ウキはスリーゼロ(000)を使う。


出かけたのは12月31日の大晦日、冬場は北風が吹きます。この日も例外なく北風が吹いていました。

現場に到着したときは風もそんなになかったんですけど、夜が明けるとだんだんと強くなってきました。

風があると浮力のあるウキ(0とか0シブ)はすぐに風の影響を受けて流されます。最初の方は「0」のウキを使っていましたが、風が出てきたのですぐに「000」にチェンジしました。

「000」だとゆっくり沈んでいくので風の影響はありません。潮にのって深いタナまで届くのでむしろ最初から「000」でもいいくらいです。(まあ朝のうちはクロも狙っていたので、その辺は臨機応変に対応してください)

二枚潮とかだと撒き餌と刺し餌が合いにくくなるので、そんなとき「000」は有効ですね。

ちなみにぼくが使ったのはこちら↓



余談ですがGTRという名前は「五島列島」から来てるって知ってました?

関連記事【感動】ウキの『キザクラ』の工場見学に行ってわかった7つのこと。




4.撒き餌はサンドイッチする。


「サンドイッチ」とは、撒き餌をポイントに3~4回撒いた後、仕掛けを投入し、さらに撒き餌を3~4回撒くことです。

仕掛けを撒き餌でサンドイッチするわけですね。そうすることで刺し餌と撒き餌が合いやすくなります。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦です合計6~8回撒くわけですから、そのうちの何回かが最後まで刺し餌と同調してくれればヒット率は格段に上がります。

撒き餌と刺し餌が同調しないことには、沖にいるマダイちゃんに刺し餌を食わせるなんて無理ですから。

たまたま通りがかったマダイが刺し餌しか流れていないところを見つけて食ってくるなんて奇跡でも起こらない限りありえません。

だから刺し餌と撒き餌が合う確率を上げるために「サンドイッチ」は有効です。



5.仕掛け投入後はひたすら流す。


最初に打った撒き餌のポイントに仕掛けを投げたらリールのベールは返したまま道糸を送ります。

2回目の撒き餌投入までに仕掛けは本流にのって流れていくので道糸は多めに出して、すばやく撒き餌をウキにめがけて投入します。

ここまでの動作で変に仕掛けを張りすぎたりすると撒き餌の層から刺し餌が離れて合わなくなるので、なるべく自然に流すためにそうしました。

あとはひたすら流すだけ。本流にのって仕掛けがどんどん入っていくのでベールを返したまま道糸を出します。

穂先から海面までの道糸はなるべく一直線になるように心掛け、風で道糸が膨らんだりしたら適度にラインメンディング(道糸の修正)を行います。

風が強いときはすぐに道糸が押されるので、なるべく穂先は海面に近付けて風の影響を受けにくくします。

基本的に潮の流れで勝手に仕掛けを引っ張っていって、それに合わせてパラパラとリールから道糸が自動で出て行きます。

変に張りすぎたりすると撒き餌と刺し餌がずれるので、自然の流れに身をまかせてアタリが出るか、道糸がなくなる寸前まで流すだけです。

どんどん流していると竿をひったくるようなアタリがあります。そしたら豪快に合わせを入れて、あとはやりとりするだけ。

100m沖で食わせ流れに逆らってマダイを引き寄せるのはけっこう疲れます。

うれしい悲鳴をあげてください。



6.アタリがないときはこまめにガン玉を調整する。


リールの糸がなくなりかけるまで流すので1投1投に時間がかかります。

時間をムダにはできないので、仕掛け回収時に刺し餌が残っているときは撒き餌と刺し餌が同調していないと判断してガン玉を調整しました。

ちなみにそのときの基本仕掛けはこんな感じです(道糸、ハリスは2号を使用)↓
マダイ基本仕掛け
潮の流れの速さや風の強さも1投毎に変わることもあったので、その都度、サルカン下のガン玉と口ナマリを調整しました。

バランスとしては口ナマリをサルカン下のガン玉よりも重くして仕掛けを真っすぐにするイメージです。例えばサルカン下にG5、口ナマリにG3といった感じです。

流れがゆるくなったらワンサイズ軽くしたり、風が強くなったらワンサイズ重くしたり、その場の状況に合わせてこまめに調整しました。

撒き餌と刺し餌が合っていないまま釣りを続けてもアタリがあることはありませんので。

あとは口ナマリをハリス中間まで上げることも試しました。それでヒットすることもありましたよ。

釣れないときは同じことを何度も繰り返さずに色々と試してみることが重要です。それで魚が釣れれば引き出しが1つ増えますので。

ぼくも今回、本当に100m先で撒き餌と刺し餌が同調するのかなと半信半疑でマダイを狙いましたが、納竿後にいつも通り魚を絞めてお腹を開いてみるとオキアミがたくさん出てきました。

これで確信しましたね。

100m先でも撒き餌とサシ餌は同調すると。

引き出しが1つ増えました。

そのとき釣ったマダイ(右が約40cm)です↓

IMG_8130



まとめ


堤防から全層釣法を駆使して100m先でマダイに食わせる。まさに職人技ですね。

これだから釣りはやめられないとまらない。

ぼくがマダイをゲットするためにやったことをもう一度おさらい。
  1. 堤防先端の潮通しの良いポイントを選ぶ。
  2. 撒き餌のオキアミは細かくきざまない。
  3. ウキはスリーゼロ(000)を使う。
  4. 撒き餌はサンドイッチする。
  5. 仕掛け投入後はひたすら流す。
  6. アタリがないときはこまめにガン玉を調整する。
ぜひ流れがある堤防でマダイ釣りを試してみてください。お土産に喜ばれます。

チヌも持ち帰り方さえきちんとすれば喜ばれますよ。

関連記事【おいしさマダイ級!】持ち帰り方で変わるチヌの味。独特の臭みをなくしておいしく食べるために現場でしなければならない3つのポイント。