君の名は

みなさん、おはようございます。こだまんです。

2016年8月26日に公開された映画『君の名は。

今さらながらアマゾンプライムビデオでレンタルして観ました。

君の名は。
神木隆之介
2017-07-26


ぼくはテレビも映画もめったに見ることはありませんが、この映画はホリエモンの著書「多動力」の中で紹介されていてアマゾンaudible(本を聴くサービス)でヘビロテしていたら、なんだかだんだんと気になり始めポチってしまいました。


関連記事【毎月1,500円の自己投資】Amazonのaudibleは隙間時間や通勤時間、運動中の耳学習におすすめ。


人気があるのはそれとなく知っていましたが「アニメなんか今さらみてもなぁ……。」と食わず嫌いで敬遠していました。

が、観たら超感動して不覚にも子どもの前で涙してしまいました。実はピュアなこだまんです。

たまには映画で泣くのもいいですね。汚れた心が洗われる感じがして。

内容は昔からよくある(といったら失礼ですが)「男と女の心が入れ換わる物語」ですが、それが現代のスマホネイティブの子どもに起きるという話です。

昼に観てあまりにも面白かったので、その日の夜にもう一回観てしまいました。

この映画からぼくが受け取ったメッセージは

「心から強く望んだことを実現するために行動を起こせば、未来は変えることができる。」

ということです。

生まれて初めてですね、1日に同じ映画を2回観たのは。

なぜだか心が突き動かされました。

まだ観てない方はぜひ。

君の名は。
神木隆之介
2017-07-26