棒ウキを捨てた黒鯛釣師

みなさん、おはようございます。黒鯛釣師のこだまんです。

チヌ(クロダイ)の釣り方はダンゴ、紀州釣り、フカセ、ルアーなどいろいろありますが、ぼくが今ハマっているのがフカセ釣りです。

しかも全層釣法(全遊動)というウキ止めをつけない釣り方でやっています。

棒ウキでのチヌ釣りも過去にやったことはありますし、爆釣した経験もあります。

それでもなぜぼくが棒ウキで釣らないかというと、理由は5つあります。

  1. タナ取りが面倒。
  2. 撒き餌とサシ餌が同調する時間が短い。
  3. 波風の影響を受けやすい。
  4. 深場で仕掛けがからまりやすい。
  5. 合わせが難しい。

それでは詳しく説明していきましょう。



1.タナ取りが面倒。


棒ウキはタナ(ウキ下の深さ)を固定して使いますので水深を測るために、現場についたら「タナ取り」の作業が必要になります。

仕掛けを作ったら針にタナ取りボールをつけてウキ止めの位置を調整していきます。

まず海の底までがどのくらいの深さなのかを知るために底を取るわけです。



棒ウキが完全に沈むようならウキ止めをどんどん上にずらしていき、棒ウキが海面にピンと立つまで調整していきます。


棒ウキ調整タナ取り


まず、この作業がめんどくさいです。

『投げる→ウキを確認→仕掛け回収→ウキ止め調整』という一連の動作を数回繰り返して調整しないといけません。

しかもこの作業、1回調整したら終わりじゃありません。

潮には満ち引きがありますので時間によって水深が変動します。

仮に海底ギリギリでツケ餌をキープする場合、現場到着時が下げ潮ならどんどん浅く、上げ潮ならどんどん深くなるように調整しないと海底をキープできません。

そのままほっといたらツケ餌が浮いてきたり、底をベタッとはったりするわけですから。

正直、この作業が面倒なんですよね。

テンポよく釣りをしているときに、一端中断してタナを取ったりし直さないといけないのが、ペースを乱されるので、なんか嫌なんです。

他にも、海底がフラットならいいですが、デコボコしてたり、かけ上がりがあったりするので地形を把握しておかないと、テキトーに投げたポイントでタナを合わせたとしても、それがかけ上がりの途中だったら潮に流されて仕掛けが移動したときは、チヌのいないポイントを釣ることにもなりかねません。

かけ上がりタナ合わせ失敗

全層釣法(全遊動)ならウキ止めをつけないスルスルの釣りなので、このタナ取りの失敗もないし、面倒なタナを取る作業も必要ありません。

道糸を送れば送るほど、仕掛けは海底までどんどん入っていきますので。

なんてめんどくさがり屋のぼくに適した釣り方なんだ。



2.撒き餌とサシ餌が同調する時間が短い。


棒ウキはタナが固定されるので、基本的にその一点でしか撒き餌と合わせることができません。

底スレスレでタナを合わせているなら底の一点でしか撒き餌と合わないということです。

全層釣法だとゆっくりと仕掛けをいれていけるので、撒き餌とサシ餌が合っている時間が長くなります。

すると途中でチヌがあたってくることもあるし、思わぬお土産(大きいアジやマダイ)が釣れることもあります。

ほんとにたまにおいしい思いができることがあるんですよ。

ぼくも今まで30cmクラスのアジがパタパタっと入れ食いしたり、シマアジがポンポンポンッと釣れたり、50cmオーバーのマダイちゃんが釣れたりしたことがあります。

こういうお土産の方がもらう人からしたらうれしいですからね。

でもチヌもちゃんと現場で処理して持ち帰ればおいしいんですよ。

関連記事【おいしさマダイ級!】持ち帰り方で変わるチヌの味。独特の臭みをなくしておいしく食べるために現場でしなければならない3つのポイント。


あとは流れにのせて狙うときも全層釣法は撒き餌とサシ餌を同調させやすいので力を発揮します。



3.波風の影響を受けやすい。


底をはわせる感じでタナを深くしているとそんなに影響はないと思いますが、底ギリギリとかだと波で棒ウキが上下するのでそれに合わせてツケ餌も上下します。

波上下

これが誘いになる場合もありますが、逆に魚に違和感を与える場合もあります。

風が強い日だともろに風の影響を受けやすいのも棒ウキのデメリットです。

ウキが水面から出ているので当然と言えば当然ですが。風と潮の流れが逆方向ならこれまた釣りづらい。

全層釣法だと「0シブ」や「00」のウキを使って水面下に潜らせたり、「000」でウキごと沈めながらの釣りもできるので風の影響を少なくできます。



4.深場で仕掛けがからまりやすい。


深場で1~2号の棒ウキを使うと、オモリが沈んでいる途中はツケ餌よりもオモリの方が先に沈んでいくのでハリスがからまりやすくなります。

深場からまり

深いとこれがけっこうなっちゃうんですよ。

気づかずにしばらく流してから仕掛けを回収するときに初めて気づきます。

からまりに気づかずに仕掛けを流しているときほどムダな時間はありません。その1投で本当は釣れていたかもしれないのに。

機会損失になりますね。




5.合わせが難しい。


ぼくがまだ中学生の頃、友達の家族に初めて「チヌ釣り」に連れて行ってもらいました。

そのとき20~30cmクラスのチヌが(後にも先にもこんなに釣れたことはないくらい)爆釣したんですけど、前アタリのあとウキが水面下に引きこまれても、あわせると、のらないことが何度もありました。

しばらく待って飲ませて釣るくらいの感覚じゃないとのらなかったんですよ。

ウキが完全に沈んでも釣れないことがあるというのを、このとき初めて知りました。

全層釣法だとラインでアタリを取ったり、穂先でアタリを取ったりしますが、ラインが走ったときはまず掛かり損なうことはほとんどないし、穂先で取るときもグ~っとのるくらいまで待って合わせると、大抵の場合は掛かってますので、棒ウキに比べると初心者でもあわせやすいと思います。



まとめ


チヌ釣りは奥が深いです。

釣れないときは何をやってもアタリさえなくチヌの顔が拝めないときもあります。

釣れないときに、あれこれ試してみて釣果につながったとき、引き出しがまた一つ増える

この思考錯誤がチヌ釣りの楽しさのひとつでもあります。

どのようにして釣るかは個人の自由なので、自分がしっくりくる釣り方でやればいいと思いますが、ぼくは初心者の方には全層釣法をおすすめします。

慣れるまではちょっと難しい部分もありますが、慣れてしまえばこっちのもんです。

最初の2~3回は知り合いの方といっしょにいってコツを教えてもらうと上達は早いですが、それが難しいなら、このブログやDVD、YouTubeにアップされている動画を見て勉強してください。

それではよいチヌ釣りライフを!

関連記事
全層釣法(全遊動)でのチヌ(クロダイ)の釣り方。初心者が気をつけなければならない3つのこと。

全層釣法でのウキの選び方。初心者は「0(ゼロ)」を選んだ方がいい3つの理由。

せっかくかけたチヌ(黒鯛)をばらしたくなかったら絶対にやらなければならない3つのこと

『全層釣法(全遊動)でのチヌ釣り』を学ぶためのおすすめDVD