激安最速ウキ回収アイテム

みなさん、おはようございます。

全層釣法専門の黒鯛釣師、こだまんです。

全層釣法をメインでやっている人なら一度は誰もが経験したことがあると思います。根掛かりからの道糸切れでウキを流してしまう痛恨のミス。

ぼくも何度かあります。

買ったばかりのウキが1投目で根掛かりしてサヨナラしたときはマジでへこみました……。

タモが届く範囲ならなんとか回収できても竿2~3本先(10~15m以上)になると、まず回収不可能です。

そんなときに役に立つアイテムがウキ回収パラソル

こんなのや↓



こんなのが↓


市販品であります。

1つ持っておくと道糸が切れてウキがプカプカ浮いているときに、すぐさまウキトリパラソルを結んで回収できるので重宝します。

2回もウキを救出することができれば十分に元が取れる優れモノです。

ですが、ちょっと使いにくいんですよ。

こんなの正直お金を掛けずに手作りできるにこしたことはありません。

ぼくもエンジニアの端くれ。こんなのちょちょいのちょいっと作ってやるぜ。



と意気込んで、ぼくが最初に製作した1号機がこちら↓

ダイソーで買った「うちわ製作キット」の樹脂の骨組をくるりと丸めて針金と結束バンドで固定。

IMG_8803

IMG_8804

そして海で拾った2号の棒ウキを真ん中にさしてホットボンドで固定。

IMG_8805

これはちょっと作るのに手間がかかりました。

お風呂に浮かべて浮力調整もしましたし、ホットボンドをたっぷり使うので、あまりおすすめできません。

棒ウキ、100均のうちわキット、結束バンドor針金、ホットボンドと材料が数種類必要ですしね。

ただ、市販のものより使いやすいのは確かです。これで何個か実際に救出しましたし。

愛着は湧いてます。もう手放せない相棒です。



日本一安くて早いウキ回収アイテムの作り方


何かもっと簡単に「100均で手に入るアイテム」で作れないかと、こじゃれた100均『セリア』へ出かけました。

そこでぼくの目に入ったのが巨大なバトミントンの羽根

IMG_8268

アンテナを張っていたのでこのバトミントンの羽根を見た瞬間、「これだ!!」っと閃きました。


かの有名な『トヨタ生産方式』も、元副社長だった大野耐一さんがアメリカのコンビニへ視察に行ったとき、商品を取ったら次の商品が斜めになったフックから滑り落ちてきて補充されるのを見た瞬間、「ジャストインタイムシステム」を思いついたそうです。



常にアンテナを張っておくというのが大事ってことですね。

さあ、この巨大バドミントンの羽根をどう改造しようかと、お風呂にいっしょに入って浮かべて考えました。

そのまま水に浮かべると網の部分が下を向いてテルテル坊主のような状態になりました。

網の部分を浮かせるために発砲スチロールの切れ端を仮止めして浮かべてみましたが、どうもバランスが悪い……。

あれやこれや考える前にダメ元で一度試してみようと、スナップ付サルカンを3ヶ所につけてサルカンに結んだだけの、ほぼそのままの状態で使ってみることにしました↓

IMG_8806

IMG_8807

これが海に浮かべてリールを巻いてみるといい感じに浮きました。

IMG_8762

試しに自分のウキを海へ放り投げて使ってみると、ちゃんと回収できました。

IMG_8764

水の抵抗が大きいのでウキに少しずつ近づかせて微調整はしやすいですが、ウキをキャッチしたあとに引き上げてくるときちょっと重たいです。


羽根の真ん中をウキが抜けない程度にドリルでくり抜いてやると、水の抵抗が軽減されてもっと使いやすくなると思います。(今度試してみよ~っと)

まさか巨大なバトミントンの羽根がそのまま使えるとは思ってなかったのでビックリしました。

なんでも試してみないとわかりませんね。

材料は100円のバトミントンの羽根スナップ付サルカン3つサルカン1つ道糸少々超簡単に安く早く仕上がりました。

ちなみに、そのままロッドケースに仕舞うと形がくずれてしまうので、これまたセリアで買った小さい『カラーコーン』をケースにしています

IMG_8269

IMG_8811

1号機もこの通りすっぽりと↓

IMG_8810

いや~、考えるのって楽しいっすね。100均で何でもそろいます。

これいいかもと思った方、躊躇なくパクッて試してみてください。

いまだけ著作権フリーですw