竿は寝かせろ

みなさん、おはようございます。

黒鯛釣師のこだまんです。

もっぱら堤防でのチヌ釣りを楽しんでいます。

堤防といってもいろいろ種類がありまして、下がえぐれて支柱が入っているような堤防だと、手前まで魚を寄せたときに、最後の悪あがきで中へ突っ込んでいこうとします。

向こうも命がかかっているんで必死なんですね。

今回は、そんなときの対処法をお教えします。



竿は立てず水平に。


まずは、初心者がやりがちなダメな例です。

堤防下に突っ込まれると、あわててしまって竿を立てがちになります。

artflow_201904140651


こうすると相手はさらに奥へと突っ込むことができます。

だから、これはやっちゃダメ!

竿は立てずに水平に寝かせてキープします。

artflow_201904140717


チヌ竿はやわらかいので、胴まできれいに曲がりますが、それでも竿を立てるよりかは突っ込みに耐えることができます。

重要なことは、突っ込まれて支柱に逃げられたりして、ラインブレイクすることを防ぐことです。

間違っても突っ込まれそうになったときに、レバーブレーキを解除して糸を出さないでくださいね。

先手を取られて試合終了となります。

なので相手が弱るまで必死に耐えてください。

ぼくは一度、30cmのオナガをチヌ竿でかけたことがありますが、そのときは堤防下に全力で突っ込まれそうになりました。

それを竿を寝せて、なんとか必死に耐えてゲットできました。竿を立てていたら絶対ラインブレイクしてますね。

皆様、くれぐれもお気をつけください。

堤防下に突っ込まれそうになったら、竿は寝かせること。

現場からは以上です。

それではよいチヌ釣りライフを!