釣り人の言い訳

みなさん、おはようございます。

黒鯛釣師のこだまんです。

アンケートを取ったわけではありませんが、ぼくが30年以上、一生の趣味として『釣り』を楽しんでいるなかで、よく言ったり耳にした釣り人の言い訳を、『こだまんAI』が処理しましたので発表します。

みなさんも一度は絶対に聞いたことのあるセリフだと思います。

自分の予想と照らし合わせてお読みください。

そして、著作権フリーですのでどんどん使ってください。



堂々の第一位は!?


これはもう全員一致だと思います。

かけた魚をバラしたときに言うセリフ。

そう!


「あぁ~!! 今の絶対大きかった~(泣)」


今まで何度耳にしたことでしょう。

今まで何度言ってきたことでしょう。

でも、嘘じゃないんです。

マジで、でかいんです。

引きがハンパないんです。

化け物です。

化け物が掛かるときがあるんです。

でも綱引きで負けてしまうです。

あ~悔しい。

思い出したら釣りに行きたくなってきた……。



第二位


さあ、もうここからは意見が分かれるところです。

なんでしょうか?

なんだと思います?

第二位はフカセ釣りで隣の釣り人が釣れたときによく耳にするセリフです。


「今の魚はオレのマキエで釣れた!」


潮の流れが隣の友人の方から自分の方へ向かっているときに釣れると、絶対に言われますね。

そんなときはこう言い返しましょう。

「違う違う!」

「腕だよ!」

「う・で・の・さ だよ!」

そして「お返し」といって、マキエを1杯、友人のウキのはるか彼方へ投げましょう。

それでトラブルが起きても、ぼくは1ミリも知りません。

コメントしないでね♡



第三位


もう何が何だかわかりません。

第三位なんてあるんでしょうか。

早くもネタがなくなってきました。

でも書いてしまった以上は答えないと、上層部から怒られます。

第三位は「本命の魚」(ぼくの場合はチヌ)が1匹も釣れずに帰るときのセリフです。


「今日は、チヌは定休日だった……。」


チーン……。

ただ、リールを巻く音だけが、むなしく響いていた……。


夜中に起きて、2時間半かけて行った釣り場で、本命が釣れなくて、撃沈して帰ったこともありました。

釣れたのはイワシ1匹です。

人はそれを「黄金のイワシ」と呼びました。





番外編


最後に番外編です。

これは根掛かりしたときに絶対に言うセリフですね。


「地球が釣れた!」


そんなときはすかさず、こう聞き返してください。

「タモいる!?」


いったい地球をすくうのにどれだけ大きなタモがいるんでしょうか。

そもそも、売ってあるんでしょうか。


あ、アマゾンにありましたね↓



これなら、なんとか地球がすっぽり収まりそうです。



根掛かりしたときは針先のチェックを忘れずに!

それではよい釣りライフを!