日時:2019年4月28日(日)

場所:通詞島(天草市五和町)

通詞島

IMG_9725


IMG_9723


IMG_9742

IMG_9735

IMG_9743



潮回り:小潮(満潮15:12)

狙い:チヌ

撒き餌:激重、ムギスペシャル、オキアミ2角

IMG_9729








釣行時間
 5:30~10:30(5時間)

釣果:持ち帰りは20cmくらいのアジ2匹……。 

エサ取り:木っ端グロ、ベラ、ガラカブ、キンギョ

IMG_9730

IMG_9731

IMG_9732

IMG_9733



まとめ

『平成最後のチヌを求めて』初めて竿を出しました通詞島の橋の下の堤防。

橋の下だけあってここは流れが早いので、激流に乗せて流してマダイもゲットできればという下心丸だしでオキアミをいつもの2倍入れましたが、エサ取りのお腹を満たしただけで、チヌの顔は拝めませんでした。

天気予報では天草は風が1~2mでしたが、さすがは島。

風ビュービューで寒さに震えながら釣りをしていました。

「堤防の先端に陣取り、左沖に流れる潮に乗せてマダイを……」とイメトレしていましたが、着いたときはまさかの右流れ。

その潮に乗せて数投しましたが、なんかちょっと違うなと思い、一端釣りをやめて堤防の先端から根元まで潮流のチェックを行いました。

先端は流れが早いですが、堤防の中間に行くにつれ流れは弱まり、根元から3分の1程度はチヌを釣るにはいい感じの流れだったので、そこへ移動しますが釣れるのはほとんどベラ。

IMG_9730

チヌはGWでお出かけしているのかというくらいにアタリがありません。

そのうちに潮が満ち潮に変わり、流れが変わりました。

左に流れるようになったので、また堤防先端へ移動。

オキアミだとエサ取りにすぐ取られてしまうので、ネリエでも試しますが、それでもチヌは釣れません。

そうこうしているうちに根掛かりして、ぼくの好きなウキ、GTR「000」が海底の秘宝へとなりました。




通詞島は流れも複雑でころころと変わっている印象でした。

寒さと切なさで、マキエも底をつき通詞島を後にしました。



ここで諦めないのが黒鯛釣師。


普通の釣り人なら、「今日は釣れなかったね……。」でおとなしくおうちに帰ります。

でも、ぼくは『生粋の黒鯛釣師』、そんじょそこらの釣り人といっしょにしてもらっちゃー困ります。

気持ちを切り替えて、釣具屋(キャスティング 天草店)へと車を走らせました。

key39

「激重」「生さなぎ黒鯛」「オキアミクラッシャー(2.5kg)」を購入し、向かった先は龍ヶ岳町の『唐網代(かろじろ)』の堤防。

まずは、お弁当を3秒で食べてお腹を満たし、マキエ作りを開始しました。

マキエの写真を撮るのを忘れるくらいに焦っているのが伺えます。

IMG_9745
思い出した頃にはブレンドされていたマキエ

「龍ヶ岳」の満潮は15:26、釣行開始は13:30。上げ潮も下げ潮も両方狙えるちょうどいい時間帯です。

そして通詞島とは打って変わって無風状態の唐網代、同じ日とは思えない「釣り日和」です。

先客がいたため堤防先端ではできず、中間より手前での竿出しとなりました。

IMG_9746

流れは緩やかに右。いい感じです。

しかし、釣れるのはガラカブとベラ。

本命のチヌのアタリがありません。

ここのチヌもGWでお出かけ中なんでしょうか。

と、思っていたら、友人が35cmくらいのチヌをネリエで仕留めました。

一度バラシ(針外れ)たあとだったので、ラインにアタリがあっても即合わせせず、竿に乗るまで待って合わせたと言っていたのに、『唇の皮一枚』にようやくかかっていたそのチヌ。

なんて食い込みが浅いんでしょう。

その「時合い」もすぐに終了し、エサ取りにエサも取られない時間帯へと突入しました。

そして迎えた夕まづめ。

ここえきて風が出始めました。通詞島の突風には及びませんが、それでもけっこうな風。

到着時の天気はどこえやら。海の状況は刻一刻と変化します。

『平成最後のチヌ』を釣るため集中力を高めてアタリを待ちますが、それらしきアタリは全くなく、とうとうマキエが底をついて、ぼくも力尽きてしまいました……。

釣行回数的には2連敗ですが、最近は1日に2回釣りをしているので、今日で4連敗です……。


さようなら、平成のチヌ。

ありがとう、平成のチヌ。

あなたがいたから、ぼくは『黒鯛釣師』になれた。

『令和』でまた会おう。

おチヌ様、次こそはよろしくお願いしますね♡

これはほんのお近づきの印です↓

釣りえさ マルキュー 冷凍エサ(刺し餌&撒き餌)ニュー活さなぎミンチ激荒
釣りえさ マルキュー 冷凍エサ(刺し餌&撒き餌)ニュー活さなぎミンチ激荒