日時:2019年10月13日(日)

場所:大江漁港(天草市天草町)

IMG_6269


潮回り:大潮(満潮7:42)

狙い:チヌ

撒き餌:麦黒鯛、チヌパワームギスペシャル、ヌカ1袋、オキアミ1角

s-IMG_1905



釣行時間 6:00~11:00(5時間)

釣果:マダイ1匹、バリ2匹、GT1匹

エサ取り:木っ端グロ、小アジ、フグ、ヘダイ

s-IMG_1913




まとめ

みなさん、おはようございます。

台風の影響で6~7mの北風予報の中でも釣りに出掛ける黒鯛釣りキチ三平のこだまんです。

さすがにこの予報では山本釣具大矢野店もガランとしていました。風もまあまあ吹いていたし。

しかし、この大江漁港は風裏ポイントなのでテトラポットに乗って竿を出せば釣りができます。

現場に到着したのは朝の4時30分頃、夜明けが6時くらいなのでちょっと早すぎました。

風はなかったですが肌寒く、ちょっと格好を失敗しました。この時期、朝は冷えるので1枚多めに着ていくのがベストです。

ライフジャケットで少しはマシになりましたが、友人はライフジャケットも持ってきていなくて寒そうでした。

マキエをせっせとこねて暖を取りながら、夜明けを待ちいつものテトラポットへ。

6時釣行開始で1投目に釣れたのがチヌの偽物、ヘダイ。

s-IMG_1906

顔立ちがちょっとイラっとしますねw

そして2投目は10cmくらいの小アジ。

気づけば足元には小アジ、先には木っ端グロの群れ.....。はい、いつものパターンです。

緩やかな左流れだったのでマキエ投入ポイントの右側へ仕掛けを投入し、流していたら塩焼きサイズのマダイがヒット。

s-IMG_1907

エサ取りはいつものこいつ、オナガ木っ端。

s-IMG_1908

もっとサイズが大きければいいんですけどね~。

海面にはマキエを投入すると養殖場のエサやりよろしくバチャバチャと木っ端グロの大群が押し寄せてきます。

s-IMG_1910

ちょっとわかりにくいかな。

s-IMG_1911

いつもこいつらに苦戦してオキアミは通らずネリエ中心となるんですが、たまにボラが寄ってきて蹴散らしてくれるんで、ボラは味方につけていて損はありません。

ポンポンポンっと釣れたかと思ったら、満潮で潮が止まって下げ潮ではあまり動かなくなりました。これもいつものパターンです。

そして9時半頃にラインがスーッと入り本命のアタリかと思ったら、コンコン叩くギャング(バリ)でした。

s-IMG_1909

バリは最近持って帰るようにしているので、バリばさみ買おうかな。



こういうのがないと針を外したりスカリに入れたりするのに超苦労します.....。


この1時間後にもう一回り大きいバリがヒット。

s-IMG_1912

こいつはなかなか引きました。ラインがスーッと入って今度こそ本命のチヌかと思いましたが、コンコンと少し叩きあとはテトラへ一直線に走ってきました。

綱引きしながら足元まできて、前回の二の舞にならないようにポンピングはせず、竿を立ててリールをゴリマキ!!

テトラには突っ込まれずに勝利しました。でもバリ。ギャング。なんやねん.....。掛けたら綱引きしながらリールゴリマキして上げるだけ。

釣りじゃなくてただの作業ですw

もしかしたら、大江漁港の化け物の正体はバリかヘダイの大物の可能性が浮上してきました。

友人がかけたヘダイもテトラに突っ込んできて、一匹は上がりましたが一匹は足元でバレました。

ロクマルのチヌかもとか淡い期待を抱いていましたが.....。

そういえば、足元まできてポンピングをしてばらした化け物も、キラッと銀色の魚体が見えたのでヘダイだったのかな.....。

そう考えるとちょっと悲しくなりますが、引き続き化け物の正体を暴きたいと思います。

このまま釣れないで伝説で終わった方が、盛り上がるのかもしないとか思いながら。


明け方から風出てきて、たまに強い風も吹きましたが、なんとか釣りはできました。途中でルアーマンも2~3人やってきてエソや根魚を釣ってました。

しかし、GT(ロウニンアジ)が釣れるとは思いませんでしたね。手のひらに収まる子どもですが。

魚影の濃さは天下一品の大江漁港。

GTは刺身で食べました。4~5切れほどしか取れませんでしたが、美味でした。

バリは塩焼と刺身で食べましたが、こっちも美味しかったです。見た目とハラワタはキモイですが。

風がなければ次回は茂串漁港で『年無し』を狙いたいと思います。

それではよい釣りライフを!