日時:2019年12月14日(土)

場所:深海漁港(天草市深海町)

s-深海漁港

s-IMG_2251

s-IMG_2250

s-IMG_2249

s-IMG_2248




潮回り:中潮(満潮9:50)

狙い:チヌ

撒き餌:チヌパワー激重、チヌパワームギスペシャル、ヌカ1袋、オキアミ1角

s-IMG_2241



釣行時間 6:30~13:30(7時間)

釣果:クロ3匹、マダイ1匹、アジゴ6匹(1匹脱走)、ガラカブ1匹

エサ取り:木っ端グロ、キンギョ

s-IMG_2246



まとめ

みなさん、おはようございます。黒鯛釣師のこだまんです。

友人の提案によりコイントスによる深海漁港or茂串漁港の二択となった今回の釣行。

車の中で100円玉を投げて「100」の方だったら茂串漁港、「お花畑」だったら深海漁港という友人の独断で、勝手にコイントスをして「お花畑」だったと言ってぼくの確認もないまま深海漁港に決定しました。

恐らくどっちが出ても「深海漁港」の一択になっていたと思わざるを得ない今流行りの反社会的勢力の圧力を感じた夜明け前の午前5時でした。

s-IMG_2254 (1)

ところで100円玉のこっち側って「お花畑」って言うんでしたっけ??w

まあそれは置いといて。

前回の強風と打って変わって同じ場所とは思えない穏やかな深海漁港に到着したのは午前6時頃。
真っ暗闇の中、不安定なゴロゴロを引きずりながら堤防の先端へと向かいました。

いつものようにチヌ用のマキエをトロ舟に入れて角スコップで混ぜ混ぜこねこねギュッギュしました。







ぼくはいつもこのスタイルでマキエ作りをしています。一度この『トロ舟+角スコ』を味わうと、バッカンの中でちまちま小さいスコップで混ぜるのはめちゃめちゃやりにくく感じます。

角スコはロッドケースに差し込んでトロ舟はゴロゴロにセットすれば快適に移動できます。

みなさんもぜひ一度お試しください。

さて。

仕掛けをセットして朝日が昇るまでマキエと仕掛けを感覚で投げながら全層釣法をしていると、20㎝くらいのアジがヒットしてきました。

明るくなるまで晩飯のおかずにアジを釣り、夜が明けてからは本命のチヌ狙いに切り替えました。

前回はチヌ竿で型の良いクロに2回もブチ切られてしまったので、今回は大江漁港の化け物退治仕様の2号磯竿で挑みました。

が、竿にびびってかデカいクロは掛からず足の裏サイズ止まりでした。

s-IMG_2244


流れはずっと右手前に流れる当て潮。まだ深海漁港は二回目ですが前回もそんな感じの潮でした。上げ潮も下げ潮右手前。

足元は石積みがあり、竿2本先は良く根掛かりします。底は砂地なので遠投すれば大丈夫なのですが、流しているといつの間にか手前に来ていて根掛かりするので注意が必要です。

先端は養殖場に行く船がよく通るので、様子を見て攻めているとチヌっぽいアタリが!!

「よっしゃー!やっと来た!!デカくないけどチヌ!チヌ!絶対チヌ!!」

と、豪語して上がってきたのは黒鯛ではなく赤鯛のチャリコでした。穴があったら入りたいです。

その後もチヌのアタリかと思ったら上がってきたのはコイツ↓

s-IMG_2245

キタマクラちゃんでした.....。

結局チヌは釣れず、2号の竿で綱引きできるようなクロも釣れず、力を持て余してしまった1日でした。

最後の後片付けをしているときにクロを絞めよとして手袋で掴もうとしたそのとき。クロがここぞとばかりにホップ・ステップ・ジャンプしてサヨナラも言わずに逃げて行きました.....。

釣れたときには暴れてエラでぼくの右手中指を負傷させたあのクロが.....。

今度会ったときはロクマルのオナガになっていることでしょう。そのときは容赦なく『コノコノ釣法』で仕留めたいと切に思いました。

今年最後の釣り納めは12月29日。一発逆転を狙って茂串漁港に行ってきます。

果たして『年無し』は釣れるのか?

潮の流れはあるのか?

乞うご期待!

それでは良いチヌ釣りライフを!!