日時:2021年1月11日(月)

場所:赤崎港(上天草市龍ヶ岳町)

210111_赤崎港

s-IMG_4555

s-IMG_4556

s-IMG_4557




潮回り:中潮(満潮7:49 干潮13:30)

狙い:寒チヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓

こだまんの基本仕掛け



※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回はハリス1.5号、ウキはキザクラの黒魂Ace LL0シブ、口ナマリなしからスタート。途中、口ナマリにG6だけ追加したり、ハリス中間にずらしたり、ベタ底を攻めるためにハリス中間にG3、クリナマリG5にしたりと色々試しました。ウキは最終的に黒魂Ace LL00にしました。





撒き餌:生さなぎ黒鯛、チヌパワー激重、オキアミクラッシャー

s-IMG_4560




釣行時間 8:30~:15:00(約6.5時間)

釣果エサ取りは『まとめの下』へ移動しました。



まとめ

みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。今年も釣行記録と釣行動画を更新していきますのでよろしくお願いしますm(__)m

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^) 





さて。

2021年の初釣りは初めて訪れる『赤崎港』にしました。ポイントは北風が凌げる場所&水深のある場所の2点。昔買った『くまもとの堤防釣りガイド 防波堤を行く2』とにらめっこして決定した場所です。

釣り仲間のツッチーと現地集合という約束で前日の22時に息子と就寝するも夜中の2時に目が覚めて眠れなくなりました。布団の中でもぞもぞしながら何とか眠ろうとするけどまったく眠れず気が付けば5時。6時に起きる予定でしたが、そのまま朝ご飯を食べて出発することにしました。

冬場は少しでも気温が上がってからの方がいいかなと思い10時到着くらいで考えていたのに、なんで早く目が覚めちゃうかな。子供心を忘れない素敵なオトナだから?w

はいはい。


赤崎港へ到着するとツッチーは堤防の先端で竿出ししていました。まだ何もヒットしていない様子。足元には木っ端グロやスズメダイがうろうろしていました。キンギョもいたかな。

ぼくは波止の中間くらいに釣り座を構えてスタート。今年初の第一投に力が入ります。「頼む~(チヌ)来てくれよ~。」心の声が口から漏れていたかもしれません。動画で確認してくださいw

竿2本先くらいにマキエを打って仕掛けを投入しまたマキエを打つという「サンドイッチ撒き」でサシエのオキアミとマキエが同調しやすいように口ナマリも打たず様子をみました。

水深は「防波堤を行く2」の情報によると10m程。海底は「岩、砂」と書いてありました。冬は水温が下がるので沖の深みの水温が安定した場所でじ~っとしていると何かに書いてありましたが、果たしてチヌは釣れるのだろうか...。

そんなことを考えていると、一投目で地球が釣れました。はいそうです根掛かりです。サルカンの下から全部持っていかれました。

針を結びなおし気を取り直して再開するも無反応状態が続きます。オキアミもネリエも全く取られない。足元にはキンギョや木っ端グロがちらほらいましたが、そいつらも追いかけてきていない様子。寒くて水温も下がっているのでエサ取りの活性も低いのでしょう。

ぼくがまだ到着して準備しているときに先端でツッチーがでかいフグを釣っていましたが、ぼくの場所ではフグも当たってきません。

潮の流れは緩くとろ~っと当て潮だったり左に流れたり右に流れたりとそんな感じ。軽い仕掛けを底までマキエと同調させることをイメージしながら繰り返していると、ようやく魚のアタリがありました。

犯人はこの魚でした↓

s-Snapshot_8

今年初のお魚はガラカブちゃん。釣行開始から1時間40分くらい経過してやっと敷石の際あたりでヒットしてきました。

そしてすぐにヒットしてきたのが、なんともかわいいメバルちゃん。

s-IMG_4561

やっとアタリが出だしたかと思えばこんなのしか釣れません。底まで仕掛けを入れて敷石の際までくればガラカブです。

s-IMG_4562

ベタ底狙いでガン玉を重くして底を這わせるようにしても魚の反応はなし...。なんとかチヌに巡り合えないかと色々試しているとツッチーが先に帰っていきました。

s-IMG_4563

背中に荷物を背負って修行僧のようにして堤防を去って行ったツッチー。チヌはノーゲットでした。最後は足元でガラカブを乱獲していました(笑) 


マキエ代の十分の一の昼飯を挟んで釣り再開。波止の中間はたまに流れてもゆったりなのでツッチーがいた先端へと移動しました。

s-IMG_4567

手前で数投するも反応がないので沖の堤防の白灯台左側を目掛けて遠投を試しました。あの辺に居着いているチヌが反応してくれないかな~と淡い期待を抱いて...。

しかし、ここは近くに養殖場がありしかもそこに釣り筏まであるので船がバンバン通るんです。遠投できたかと思えば船が行ったり来たりして仕掛けが馴染む前に慌てて回収ということが何回かありました(泣) でも向こうは仕事、こっちはお仕事(趣味)なので仕方ない。

船が通らない隙を狙ってやっと遠投できたかと思えば、釣れるのはガラカブやフグ。

s-IMG_4564

s-IMG_4566

干潮に近づき潮の流れもなくなってきました。これで日でも照ってくれればチャンスが来るんでしょうが、予報通りの曇り空。昨日は天気予報を裏切りあんなに晴れていたのに今日は裏切らないんかーい!

午前中は少し日が差したこともありましたが、堤防にはぽつんとぼく一人。寒さと寂しさで震えていましたw

それでも諦めず次は先端の船道を攻めます。道糸を船にもっていかれないかドキドキしながらやってみるも、こっちでもガラカブ祭り...。

s-IMG_4568

s-IMG_4569

s-IMG_4570

日も照らず心が折れかけながらラスト一投は船道のど真ん中。来るなら来やがれと半分やけくそで船長への挑戦状よろしく投げ込みました(笑)

ベタ底狙いで右にゆっくりと流れる潮に乗せてチヌのアタリを待ちました。これで来たらドラマです。年明け一発目から絶好調となります。YouTube的にも最高です。


時間を掛けて流しました。


どうしてもチヌと勝負したかったんです。


幸先いいスタートを切りたかったんです。


でも、時間を掛けすぎてしまいました。


最後の最後に根掛かりしてしまいました...。


道糸から切れました...。


堪忍袋の緒が切れました。


下ろし立ての黒魂Ace00が...。


とうとうチヌは釣れませんでした...。


悲しみに打ちひしがれながらも最後に残った力を振り絞り、なんとか後片付けをしていました。


すると、海底から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと浮き上がってきました。


下ろし立ての黒魂Ace00でした。


必死に回収しました(笑)

s-IMG_4571

最後の最後で道糸が切れたときはどうしようかと思いましたが、なんとかウキが回収できてよかったです(^^)

片づけをしていると、クロ釣りに来たおじいさんがいたのでチヌが釣れるか尋ねてみると、『チヌ釣りしている人はあまり見ない、アジやクロ狙いが多い』とのことでした。

そのおじいさんが来てから急に日が差してきたので、もしかすると神様だったのかもしれません(笑)

s-IMG_4572

最後の最後までついていない一日でした...。

悔しさをバネに生きてゆきます。


それでは良い釣りライフを!



釣果ガラカブ祭り(すべてリリース)

エサ取り:ほぼなし。エサ取りも反応しないくらいの激渋。