日時:2021年4月10日(土)

場所1:大之浦の地磯(天草市久玉町)

大之浦の地磯
google mapより

水深:5m

水温:16.1℃

釣行時間 7:00~10:30(3.5時間)

場所2:牛深のゴロタ浜(天草市牛深町)

牛深ゴロタ浜
google mapより

水深:10~12m

水温:16.7℃

潮回り:大潮(満潮7:10 干潮13:19)

釣行時間 12:30~16:30(4時間)

狙い:乗っ込みチヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓

こだまんの基本仕掛け



※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回は道糸1.75号、ハリス1.5号2ヒロ、ウキはキザクラの黒魂King 00、口ナマリG5からスタート。








撒き餌:チヌパワームギスペシャル、爆寄せチヌ、MP(半袋)、オキアミ1角

s-IMG_5041



まとめ

みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^)




さて。

今回は釣り仲間のパーシー(独身貴族の下手の横好きチャンネル)と通詞島のリベンジということで気合いを入れて牛深方面へと向かいました。午前2時に起床しちゃちゃっと準備してパーシーを迎えにいき山本釣具センター大矢野店へレッツゴー。チヌダービーの参加券をゲットして心躍らせながら向かった先は去年(2020年)の秋に爆釣した久玉の養殖筏前です。

しかし先客がいたのと風向き的に釣りにくかったので、そこから少し戻った「大之浦の地磯」に釣り座を構えることにしました。

大之浦の地磯

地磯といっても磯の上からではなく道路沿いから竿を出す感じです。

s-IMG_5042


ガーミンのストライカーキャスト(魚群探知機)で水深を調べると30~40m先でも5m程度と浅く初っ端から遠投で攻めました。



ちなみにパーシーは地磯の右側で竿出し。こちらは水深10mと深めで良さげな感じでした。

s-IMG_5046

開始から30分もしないうちにチヌらしき魚がヒットしていましたが、ハリスが根ズレして切れてザラザラ状態で上がってきたようです(惜しい!!)。本人曰く最初は根掛かりかと思ったけど、そのあとめっちゃ引いて何もできずにラインブレイクしたようです。

さすが久玉!ポテンシャルが違いますね。

ぼくの方はというと大遠投しても流れがなくツケエが残ってくる時間帯が続きました。オキアミもネリエも反応なし。潮も全くと言っていいほど流れず、大潮なのに湾内はこんなものなのかとビックリしました。

流れがなければ魚も活性が悪くエサ取りも当たってきません。パーシーも最初の1匹をバラしてからはピタッとアタリがなくなったようでした。

まさかこのまま何も釣れずに終わってしまうのでは?と焦りましたが、釣行開始から2時間が経過した頃、渾身の力を振り絞りハイヤ大橋目掛けて大遠投したその一投にやっとアタリが出ました。ラインが少し動いたかなと思い、張り気味で待つとスーッと入りました。

合わせを入れると大分右に魚が走っていたようで何度かリールを巻いて重みを感じました。一瞬デカいと思いましたがなんかスイスイと上がってくる。「えっ?何これ?エサ取り?」と思ったらチヌでした(^^)

s-IMG_5050

お腹が大きくなかったら雄だったのかな?32cmのパパチヌさんでした。危ね~、ボウズ逃れてよかった。しかし久玉のポテンシャルはどこ行った??

さあここから反撃開始!久玉サイズのビッグママを追加だ~!と意気込みますが、そう簡単に釣れないのがチヌです。流れもアタリもなく潮が引いて釣りにくくなったので場所移動することにしました。

近くの漁港を2か所程見ましたが良さげなところがなくハイヤ大橋を渡り色々回って最終的に辿り着いたのが名もなきゴロタ浜。

s-IMG_5057

s-IMG_5058

s-IMG_5055

竿2~3本先が10mのドン深ポイントです。パーシーと二人でめっちゃいい場所を発見したと大興奮しながら午後の部を開始しました。

最初に竿を曲げたのはまたしてもパーシー。25cmのクロでした。

潮はゆっくり右流れ。エサもかじられたり取られたりと生命反応があり気合いが入ります。しかし、チヌがなかなか当たってこない...。

潮も右流れが左流れに変わったり止まったりとフラフラしている状態が続きました。手前まで流してきてアタリがあったかと思えばイトフエフキ。

s-IMG_5060

手前まで流してコツコツとアタリがあるといつものあのお魚さん。

s-IMG_5061

流れも速くなったり渦巻いたりして釣りにくい状況が続きます。そんなときはマキエを打たずにオキアミだけ投げて流れが落ち着くのを待ちました。勝負時にマキエが切れたら元も子もありません。

その後、流れが落ち着き釣りやすくなりましたが、釣れたのはまたまたベラべっちょん。

s-IMG_5062

牛深のチヌはどこへ消えたのか?絶対居るはずなのにアタリがない...。アタリが出ない...。マキエも底を突き、後は底でエサを拾っているチヌがいることを信じてオキアミを遠投。

しかし、そう簡単にミラクルは起こらず撃沈しました...。

難しいチヌ釣り。なかなか思うようにはいかないチヌ釣り。だからこそ楽しいチヌ釣り。奥が深いですね。ドン深です。

二人とも肩を落として心のため息をつきながら後片付けをしていました。どっと疲れが来ました...。

最後にパーシーが「YouTubeチャンネル登録者数1000人達成記念」ということでプレゼントをくれたのがせめてもの救いです。

s-IMG_5063

鱒レンジャーと黒魂King0シブをもらいました(^^) 次はチヌ釣りしながらこっそりぶっこみ釣りでもしようと思います。キスとか釣れたらうれしいな。

気合いを入れて牛深まで遠征しましたが、釣れなかったときのダメージが大きいので今度は近場でリハビリしようと誓いました。帰りの車中で「はぁ~、何でかね~?」というセリフを10秒に1回リピートしたことはここだけの話にしておいてください(笑)

それでは良い釣りライフを!

釣果:チヌ(32cm)

場所移動するときにリリースしたので釣果写真はありません。

エサ取り:
場所1なし。場所2はベラ、フグ。