日時:2021年10月16日(土)

場所:岩谷港(上天草市大矢野町)



岩谷港
google mapより



s-IMG_6074




s-IMG_6075




s-IMG_6073




s-IMG_6072




水深:足元5.2m、最深部6.8m ※向かいの堤防との間の船道で7mちょっとぐらい。

水温:23.7℃

潮回り:若潮(満潮5:40 干潮12:00)

狙い:チヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓

こだまんの基本仕掛け



※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回は道糸2号、ハリス1.5号2ヒロ、チヌ鈎1号、ウキは大知遠投60の0に板ナマリで浮力調整したもの、ハリスにガン玉なしでスタート。最終的にウキはキザクラの「深戦」00にしました。













撒き餌:麦黒鯛、生さなぎ黒鯛、オキアミクラッシャー、ブラックターボ(半袋)、釣りむぎ



s-IMG_6049





釣行時間 6:00~10:30(4.5時間)


まとめ


みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^)









さて。


やっと行けました岩谷港の国道側短波止。前日の夜にどこに行くか悩みに悩み悩んだ挙句、岩谷港の短波止に行ってみて先客が居るようであれば別の場所に行こうと決心し床に就きました。3時に起床し宇土の山本釣具センターでマキエを調達。前回は夜釣り客が居て諦めましたが、今回は誰も居なくてやっと竿出しすることができました。



s-IMG_6056



まだ薄明りの中、釣行開始。


s-IMG_6059



竿2本先からスタートしましたが、当て潮だったのですぐに遠投に切り替えました。若潮でしたが、潮は流れているようで安心しました。オキアミをツケエに流していきますが、しばらく魚のアタリは無し。エサは取られるもののラインにアタリがありません。小さなフグとかに取られていたのでしょう。途中、鈎がなくって上がってくることもあったので。


ハリスのガン玉を微調整しながらアタリを待つこと1時間。道糸を張り気味にして待っていると、ようやく本日1匹目の魚の反応がありました。コンコンとノックをするような引きに何だろうと思っていると、25cmくらいの子チヌちゃんでした。出たっ!このサイズ(笑)




s-IMG_6061
落としナマリG7、ハリス中間にG5、オキアミでヒット



とりあえず、1枚釣れてホッと一安心。サイズは小さかったですが、これが釣れるのと釣れないのでは心の余裕に天と地ほどの差があります。子チヌでしたが最後の釣果撮影用にキープしました。この1枚で終わる可能性も十分にありますのでw


しかし、すぐに次の反応が。中神島の方から入ってくる潮に乗って回遊性のチヌがやってきたんでしょうか。ラインがスーッと走り合わせると、さっきのチヌとは違い重量感がある気持ちのいい引き。上がって来たのは41cmのチヌでした。



s-IMG_6063
落としナマリG7、ハリス中間にG5、オキアミでヒット



そういえば『KURODAIMAFIA』ステッカーを作ったんでした。「黒鯛は 時合と腕と 諦めない心」の格言入りです(笑)



s-IMG_6045
クーラーボックスや自作の検寸器に貼って耐久性などをチェック中



話が脱線してしまったので戻します。


いきなりポンポンっと2匹釣れて上機嫌のこだまん氏。突然、どこからともなく欲が出てきました。そうです。もっと大きなチヌを釣りたい欲です(笑) 最初が25cm、次が41cmと来たらその次に釣れるのは年無しが相場でしょう。生粋の黒鯛釣師であれば誰もが考えることですよねw


ところがチヌに心を見透かされたたのか、アタリが遠のきました。ショック...。



s-IMG_6064



当て潮が右に流れたり、沖の方は渦巻いていたり、島や少し突き出た地磯の影響か分かりませんが複雑な潮流を見せます。風も向かい風でマキエがばらけ過ぎると顔に掛かってきました(笑)

サシエをコーンにしたりネリエにしたり、ガン玉を調整したりしますが、エサは取られるけどアタリがありません。ウキは大知遠投60のL0に板ナマリを貼って浮力調整したものを使っていましたが、深戦00に変更しました。少しでも変化を付けようと。


そして2枚目のチヌが釣れてから2時間が経過。どこからともなくボラも寄ってきておりいい感じになっている中、オキアミでアタリを待っているとラインが走りました。すかさず合わせ入れると物凄い勢いで突っ込んで行くではありませんか!少し緩くしていたドラグ(忘れていた)が出る程の引きに大興奮するこだまん氏。2~3回ドラグが出ましたが、締め込み戦闘態勢に入りました。重量感と突進に驚きながら、やっと浮いてきたさっきまでとは違う魚影...。これはもしや??




s-IMG_6067
落としナマリG7、口ナマリG6、オキアミでヒット


上がってきた久しぶりのデカチヌにウキウキしながら検寸してみると、年無しに0.5cm足りませんでしたが49.5cmの良型チヌが釣れてくれて大満足しました。



s-IMG_6081



背ビレはトサカのようになり、頬は削れて白くなり、今まで数々の修羅場を潜りぬけて来たと言わんばかりのチヌでした。最初の突っ込みは良型の真鯛がヒットしたかと思いましたもん。いや~しかし、良く引いた!久しぶりに楽しめました。



そういえばこんなに大きな真鯛も釣れていたんでした↓



s-IMG_6068
ぼくの左手はキャッチャーミット3つ分のサイズがあると言われていますwww



気を良くしたこだまん氏。もうここまで来たら狙うは年無しでしょう。またすぐに追加できるんじゃないの?と、思っていたらまたアタリが遠のきました。そして、マキエが底を突きました。ラスト1投はアタリ無し。でもここで諦めないのがワタクシこだまんです。マキエが無くなってもネリエを投げること1投目。フォール中にラインが走りました。



s-IMG_6069
落としナマリG7、口ナマリG6、黄色と茶色のネリエのマーブルでヒット



32cmのチヌでした。そして調子に乗ってもう1投してみると、またまたヒット!

えっ!?マジかよ!!マキエが切れて2投連続ヒットなんて!

右の敷石に突っ込まれそうになるのを阻止しながら、なんとかタモ入れ成功。



s-IMG_6070
落としナマリG7、口ナマリG6、黄色と茶色のネリエのマーブルでヒット


40アップのチヌでした。


終わってみれば5枚の好釣果。しかも年無しに一歩届かぬチヌまで釣れて久しぶりにとても楽しめました。近場で型、数、共に楽しめるなんて今日はチヌ神様がプレゼントしてくれたのでしょう。
いや~これだから止められませんねチヌ釣りは(^^)


次はどこに行こうかな?遠征するのが怖くなってきましたw


それではよい釣りライフを!



釣果:チヌ、49.5cm頭に5枚(※左上の子チヌは撮影後リリースしました)



s-IMG_6077






エサ取り:
フグ(釣れてはいないが鈎が数回取られた)、足元にはスズメダイなどの小魚が見えていた