日時:2022年1月9日(日)

場所:横浦港(天草市御所浦町横浦)







s-IMG_6482



s-IMG_6484



s-IMG_6485




水深:7~12.5m、船道7~15m


水温:13.5℃

潮回り:小潮(干潮6:59 満潮13:29)

狙い:チヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓

こだまんの基本仕掛け



※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回は道糸1.75号、ハリス1.5号2ヒロ、ウキは『剛黒』00号、ガン玉は口ナマリG5からスタート。


これのオレンジです↓








撒き餌:ムギスペシャル、麦黒鯛、底攻めズドン、オキアミ1角、ヌカ ※写真には写っていませんが中力粉もまぜました。



s-IMG_6486




釣行時間 10:00~16:20


まとめ

みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^)









さて。

2022年の釣り始めは釣り仲間のツッチー(やまびこ釣りch)と横浦港へ。約1年前に51.5cmの年無しを上げた思い出の場所です。

関連記事【釣行記録】2021.1.16 @横浦港(天草市御所浦町)横浦島●寒チヌ狙い


今日は珍しく風予報も1~2mと気にならなかったので、ここに決定し棚底港からカーフェリーで向かいました。


s-IMG_6479


大人2人で片道1,470円。往復約3,000円と瀬渡しよりも安いので経済的です。朝マズメ狙いはカーフェリーの始発が8:10なので日帰りでは無理ですが、1泊して朝マズメも釣って帰るという手もありますね。


到着後、到着港の与一ヶ浦港の下見へ行きましたが、既に先客の黒鯛釣師が居たので横浦港へと向かいました。


s-IMG_6481
本当はここでやりたかった



ぼくは先端側、ツッチーはその手前で釣行開始。


s-IMG_6489



左流れの潮だったのでツッチーのマキエが僕の方へと流れてきていい感じに(笑) 潮の流れに乗せて仕掛けを入れていると、2022年1匹目の魚が釣れました。というか釣れていましたw



s-IMG_6490



安定のガラカブです。しかも小さいw ここはビッグガラカブも居るのでちょっと残念。すぐにリリースしました。

そしてしばらくすると2匹目を追加。



s-IMG_6491



こちらも小さなガラカブでした。

潮は左に流れたり、右に流れたり沖に流れたりと安定しません。でも前回の浅海漁港に比べれば流れがあるだけマシな方です。途中、エサを求めて鳥も集まってきました。



s-IMG_6492



ナブラは起きませんでしたが、イワシゴか何かの群れが見えたので青物が入ってきてもおかしくないでしょう。

最初に竿をブチ曲げたのはツッチーでした。何か慌てているなと思い右を見ると、ドラグが勢いよく出ていて魚が止まる気配がありません。邪魔にならないように急いで自分の仕掛けを回収し(ガラカブが釣れていたw)、やっと魚の勢いが止まり、さあこれからが勝負というときにまさかのハリス切れ(ハリス中間)でばれました。

黄色のネリエでヒットしたとの情報を得て、すかさず僕も食い渋りイエローにサシエをチェンジして敷石の際あたりを狙いました。するとすぐにアタリが!合わせを入れてたるんだラインを巻き取ると、ずっしりと重い手応えと同時に突っ込まれて何もできずにハリスがプツンと口ナマリの下あたりで切れました。

正体不明の化け物に、これが御所浦のポテンシャルかと大興奮。一体何が喰いついたのか?チヌではなさそうな感じでした。


ネリエに反応がなくなったのでオキアミを付けて流していると、今度は道糸が勢いよくバシッと走りました。合わせを入れるもリールでライントラブル発生。すぐに直してたるんだ糸を巻き取ると魚がまだ付いていて一安心しました。なんだかコンコン叩くのでクロでも釣れたのかと思い魚影を確認すると...。



s-IMG_6493


チヌでした(^^)

これで3連敗は免れました。2022年の初チヌをゲットしホッとしましたが、型が36cmといまいち。ここまで来たのだからせめて40アップは釣り上げたいところです。


潮は満潮になっても止まることなく沖へとどんどん流れていきます。仕掛けを流しては回収を繰り返していると、たまに勝手に釣れているのが安定のガラカブです。



s-IMG_6494



s-IMG_6495



試しに若干右側の潮が緩んだところをネリエで狙ってみると、ガラカブのようなコツっとしたアタリがありました。道糸を張っていたのでそのまま少し待つと穂先がグ~っと曲がったので合わせると、ヤツでした。ところがまた物凄い勢いで突っ込まれて今度は道糸からプッツン切られました...。正体は何なんだ!?気になる~!!

14時になったら去年年無しが釣れたポイントを狙ってみようかと思っていましたが、まさかの化け物ヒットに移動をためらって少し粘ってしまい、15時頃に内側へと場所移動しました。



s-IMG_6496



風があったのでこちらで数投しましたが、ベラ1匹(写真無し)。背中からの風が緩んだので、年無しポイントの向かい側(この位置の左側)へとプチ移動しました。



s-IMG_6497



最後に奇跡は起こるのか?残された時間は1時間程度。マキエをドカ撒きしてチヌを寄せます。流れは内側ということもありほとんどありません。オキアミとネリエのローテーションで探りますが、アタリはありません。仕掛けが手前に来ると敷石の際あたりで根掛かりします。潮がはっきりと流れていればチャンスはあったのかもしれませんが、魚のアタリはありませんでした。

マキエも無くなり、フェリーの時間もあるので最初の場所でネリエをエサに最後の1投をして試合終了。さっさと片付けして横浦港を後にしました。チヌ1匹にバラシ2回と満足行く結果ではありませんでしたが、釣り始めに初チヌをゲットできてよかったです。次はチヌダービーにエントリーできるようなサイズが釣れるといいな。


それではよい釣りライフを!



釣果:チヌ(36cm)1枚



s-IMG_6498




エサ取り:
フグ、スズメダイ、木っ端グロ ※そこまで気になりませんでした。