日時:2022年5月1日(日)

場所:柳港石積み堤防(上天草市大矢野町)








s-IMG_7252



s-IMG_7253



s-IMG_7254




水深:未計測 ※測定しようとしたら電池が切れていました...。



水深測定はこちらのアイテムでやってます↓









水温:???

潮回り:大潮(満潮8:59 干潮15:10)

狙い:チヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓

こだまんの基本仕掛け



※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回は道糸1.75号(最近は1.75でやってます)、ハリス1.5号2ヒロ、ウキは剛黒の00号、潮受けJ5、ハリスはノーガンからスタート。



これのオレンジ↓











撒き餌:麦黒鯛、プレミアムレッドチヌ、オキアミ1角、釣むぎ、ヌカ



s-IMG_7251





釣行時間 6:00~12:00


まとめ

みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^)









さて。



今回は釣友のツッチーを誘ったら用事があって行けないとのことだったので、一人寂しく柳港の石積み堤防へ。本当はブログの読者さんから教えてもらった志岐漁港に行こうと思っていたのですが、北風が強そうだったので近場のポイントを選択しました。

ここは前々から目を付けていたところで、というのも「くまもと人気の堤防釣り2」に載っていたからでして。



くまもと人気の堤防釣り2
熊本日日新聞社
2015-12-01





この本によると、ここは乗っ込み時期に40~50cmのチヌが釣れるらしいんです。なので検証のため行ってまいりました。


相棒のガーミン(魚探)が前回充電満タンにしていたにもかかわらず、まさかの電池切れで水深&水温が未計測のまま釣行開始しました。柳港が5mだったので恐らく3~4mくらいだと思います。

竿2本先から様子を見てオキアミをサシエに探っていると、アタリもないままエサを取られます。潮は微妙な左流れで、湾内にしては十分だと思っていたのですが、なんせオキアミが全く残らないほどエサ取りの活性が高いです。

正体不明のエサ取りに翻弄されながら、このままではいけないと思い遠投してみることにしました。変化をつけるためです。マキエも撒かず、ただオキアミを付けて遠投し、それまで30秒で取られていたエサが遠投で残るかどうかを確かめるためでした。


そしたら...。


まさかのラインが突っ走るアタリ!すかさずアワセを入れて竿を立てると、コンコンコンっとした引きが!竿を叩くというよりは首を振って「嫌よ嫌よも好きのうち」というような引きを見せました。その引きを味わいながら、手前までやってくるもなかなか顔を見せてくれません。そうこうしているうちに石積の堤防の内側まで回り込まれました。ようやくタモ入れしたその魚クンは???







s-IMG_7255・潮受潮受けJ5、口ナマリG5、オキアミでヒット




ありがとうございます。チヌでした。しかも45.5cm。

交通事故でヒットしたチヌに一安心。偶然が重なってヒットしてしまいました。嬉しいやら悲しいやら。勿論H・A・P・P・Y ハッピーですw


さすがに事故だったのですぐに追加とはいきません。開始30分で釣れたマグレチヌは、仲間を連れてこずにアタリが遠のきました。またしてもフグの猛攻に苦戦していると...。



「マフィアさんですか?」



どこからともなく声が聞こえてきました。なんと親子の視聴者さん登場!柳港で釣りをされていた方でした。前日、YouTubeでコメントを下さった方で、なんでも中学3年生で僕のチャンネルを見てくださっているのだとか。たまたまここに行こうと思っていたのでそれとなくヒントを与えるようなコメントを返していたところ、わざわざ見つけて会いに来てくださいました。申し訳ないこと限りなし。

雑談しつつステッカーをお渡しして話していたら、サインをお願いされました。サ、サ、サイン???ワタクシKURODAIMAFIAことこだまん氏、生まれてこの方サインなどしたことがありません。ただでさえ視聴者さん親子にあってテンパっているのにサインだなんて...。

申し訳なかったですが、お願いされたのでお父さんの帽子と息子さんの財布に「落書き」させてもらいましたm(__)m


記念に写真を撮らせていただきました(笑)



s-IMG_7261



s-IMG_7260



マジで申し訳ない...。こんな落書き...穴があったら入りたい...。



気を取り直して釣り再開。でも、フグの猛攻は相変わらず。ネリエもすぐに取られます。オキアミも投げてから30秒後に回収すると、針だけが返ってきました。



s-IMG_7256




遠投で釣れたのはマグレだったので、竿2本~3本先を狙っていましたが、こちらも同様にエサはエサ取りにイチコロ。仕方なく、また若干遠投してみました。



すると...。


ラインがバシーンっと。


さっきのチヌよりは軽い。ような気がしました。でも明らかに引きはチヌっぽい。





s-IMG_7262
潮受けJ5、口ナマリG5、オキアミでヒット



上がってきたのは40cmのキビレちゃんでした。最近よくキビレが釣れるな~。


これも半分、事故みたいなもんでしょうw たまたま釣れただけです。でもこんな浅いところでも、ちゃんと湾内まで入ってきて捕食するもんなんですね。逆にこういうところが穴場かもしれないです。



ところがマグレチヌさんは追加ならず、またアタリも出ない子フグが邪魔をしてきます。四苦八苦していると...。



「釣れましたか~?」




石積みの堤防を歩いてくる親子。まさかのこちらも視聴者さんでした(笑)  色々と話を聞きながら談笑し、ステッカーを押し売りのように渡しましたw


もう頭はパニック状態です。今日はステッカーを配りに来たようなもんですね(笑) 5枚しか忍ばせていなかったステッカーは残り1枚となりました。そんなことはどうでもいい...。


さあさあ、気を取りなして釣行再開。しかしフグは相変わらずアタリもなくエサを取っていきます。こまったもんです。フグが居ない場所を求めて遠投して探りを入れていると、ありました。エサが残る場所が。そこにマキエを打ち込み仕掛けを流します。風でラインがおされて釣りにくいですが、しばらく粘りました。

が、アタリ無し...。

また、最初の場所へと切り替え、ちょい遠投気味でやるもアタリなし...。


もう薄々お気づきのことと思いますが、キビレが釣れてから大したアタリもなく終了しました...。

フグの猛攻がなかったら年無しに巡り合えていたのかなと思いつつも...。そんなのはただの妄想でした...。

マキエが切れた後も、大遠投して置き竿してみましたが音沙汰無し。そんなに甘くはないチヌ釣りでした。

まさかのステッカーを4枚も配ったので、帰宅後補充(笑) ブログの読者さん用に限定品を作りました。といっても入れてる袋が違うだけですw 「こだまんの人生研究所」をご存じの方ならすぐにピンとくると信じています(笑)



s-IMG_7268




それでは良い釣りライフを!



釣果:キビレ(40cm)、チヌ(45.5cm)




s-IMG_7267




エサ取り:
フグ(釣れてはないが子フグが表層にピチャピチャしててハリスもガジガジされて上がってくることもあったので)