日時
:2022年5月28日(土)

場所:御領漁港(天草市五和町)







s-IMG_7512



s-IMG_7511



s-IMG_7513



s-IMG_7514



s-IMG_7515





水深&水温:2m、19.4℃



s-IMG_7518



s-IMG_7517






水深測定はこちらのアイテムでやってます↓










潮回り:中潮(満潮7:00 干潮13:20)

狙い:チヌ(黒鯛/クロダイ)

仕掛け:全層釣法(全遊動)

こだまんの基本仕掛け↓




こだまんの基本仕掛け3




※潮流や水深、風の強さによってウキを『00』や『000』に変えたり口ナマリを重くしたり、潮受けの下にガン玉を打ったりしています。ハリスの中間にガン玉を足すこともあります。

今回はウキは剛黒の00号、ハリスにオモリ無しからスタート。



これのオレンジ↓











撒き餌:麦黒鯛、生さなぎ黒鯛、4倍こませチヌ、ヌカ×2、オキアミ1角



s-IMG_7509




釣行時間 5:30~10:00


まとめ

みなさん、おはようございます。『黒鯛釣師』のこだまんです。

今回の釣行動画は、ぼくのYouTubeチャンネル、『KURODAI MAFIA/クロダイマフィア』にアップしましたので見ていただけるとうれしいです(^^)









さて。


今回は釣り仲間のパーシー(独身貴族の下手の横好きチャンネル)と山本釣具のチヌダービーエントリーをかけた最終決戦へ。普段は寝つきがいいのに釣りの前日となると寝つきが悪くなり(遠足前の子ども現象w)、今回は寝つきが悪いどころか一睡もできないまま出発となりました。

悩みに悩んで選択した場所は、初めて訪れる五和町の御領漁港。くまもとの堤防釣りガイド『防波堤を行く2』の情報では浅いところで水深3mとなっていましたが、測定すると2mでビックリ仰天。こんなところでチヌが釣れるのだろうかと二人して不安になりました。



s-IMG_7516



s-IMG_7522



朝焼けと山から昇る朝日に心を洗われて、眠さも吹き飛び釣行開始。浅くて地形の変化もないフラットな砂地だったので、マキエをドカ撒きしてチヌをおびき寄せる作戦で行くことにしました。チヌに警戒されないように遠投してポイントを作ります。



s-IMG_7523



サシエは子フグがいるのかオキアミもネリエも通りません。コーンも3~4個つけても1粒残ってくる程度でエサ取りの活性が高いようです。それでもチヌが寄ればサシエが残りチャンスがあると思い、まずは手返しよくステージ作りに励みました。

左に緩やかに流れていた潮が落ちついた頃、チャンスは訪れます。それまで通らなかったオキアミが残って返ってきました。次の1投もオキアミで遠投するとラインにアタリが!穂先にアタリが乗るのをまってアワセを入れました。

浅いので横走りしましたが、障害物が何もないので慌てることなく引きを存分に楽しめました。



s-IMG_7525
口ナマリG5、オキアミでヒット



上がってきたのは41.5cmのチヌでした。2mの浅場でも釣れるもんですね(笑) マキエの集魚力を再認識させられました。これを皮切りに爆釣モード突入かとワクワクしましたが、連チャンとはなりませんでした。しばらくアタリが遠のき、変化をつけるためにネリエを投入。

すると、ラインにアタリが出ました。竿までは乗らず元に戻ったので、しばらく待つともう一度アタリが。次は竿に乗ったのでアワセを入れてバトル開始。そのときは既に左に大きく走っていて、さらに敷石の際へと突っ込んでいきます。

慌てて左の方へと走って追い掛けていき、突っ込みを阻止しました。引きもかなり強く、これはとうとう年無しが来たかと心の中で喜んでいると、あれれ...白い?




s-IMG_7526
口ナマリG5、ネリエでヒット



なんと40アップのヘダイでした(笑) だからよく引くわけですねw 50アップのチヌを期待していただけにショックでした。


この後、2時間程粘りましたが、エサ取りにやられるばかりでチヌのアタリがありません。そこで、先端側の水深(本では8m)を測定しに行きました。




s-IMG_7527



最深部で6mちょっとと丁度良い深さで、竿1~2本先にかけて駆け上がりが2つありました。これは移動しない手はないと、マキエの入ったバッカンと竿とタモを両手に抱えて大移動。手がちぎれるかと思いましたw



s-IMG_7529



s-IMG_7530



こちらは先ほどの場所(堤防の中間)とは打って変わって流れが速く釣り辛い。少しずつ仕掛けを調整しながら流してみますが、なかなか反応がありません。大きく変化をつけるため、口ナマリを2Bにしてネリエを付けて、駆け上がり付近をゴロゴロ転がす作戦に切り替えた1投目。ラインが走りました。こんなにすぐに結果が出ると気持ちいい。



s-IMG_7528
落としナマリG5、口ナマリ2B、ネリエでヒット



上がってきたのは40.5cmのきれいな魚体のチヌでした。しかし後が続かず、足元の敷石が顔を出し始めたので場所移動することに。途中、3箇所程偵察して...


1箇所目(五号橋下地磯)↓



s-IMG_7534



s-IMG_7535



s-IMG_7532



2箇所目(山本釣具大矢野店の手前の堤防)↓



s-IMG_7536




3箇所目(江樋戸港)↓



s-IMG_7537



s-IMG_7538



あっ、いや、三角東港も見たので4箇所でした。


そして向かった先は三角西港。黒鯛釣師の方が3~4名程いましたが、釣れている様子はありませんでした。しかも棒ウキが右流れの速い潮でどんぶらこ状態。釣り辛そうだなとは思いながらも、その方々とは離れた中神島側の方で竿を出すことに。不眠不休で頑張っているので写真を撮るのも忘れていましたw


こちらは最後にたまたま取った写真↓



s-IMG_7542



激流の中、チヌは諦めてマダイでも釣れたらいいなと狙ってみましたが、釣れたのはガラカブとフグのみ。そんなに簡単には釣れないマダイちゃんでした。


そして、とうとう年無しは持ち込めないまま、2022年チヌダービーへの挑戦が終わりました。いつか優勝することを夢みて来年もまた挑みます!


残念なことにチヌダービーの参加券は文字通り紙くずとなりました(笑) 10枚でウキ1個と交換してくれないかなw



s-IMG_7544



それでは良い釣りライフを!