小学校5年生と1年生の子どもにスマホを与えて早1年が経ちました。

与えたきっかけは単純に、ぼくと妻がSIMフリーにするために買い替えたので前に使っていたものが不要になったからです。

ちなみにまだSIMフリーじゃない方は早く変えた方が超お得ですよ。

関連記事:【節約】家計を握る主婦の方へ。格安SIMで携帯代を節約して浮いたお金で何をしたいですか?

ちなみに機種はiPhone5とiPhone6です。

スマホを小学生に与えるのは賛否両論あると思いますが、ぼくは何でも早いうちに経験させるのはいいことだと思っているので、使わなくなって捨てるくらいなら子どもに与えた方がスマホも生きるなと思って与えました。

あと、ホリエモンは「子どもにはスマホ与えとけばいいじゃん!自分でいろいろやって勝手に育つよ!」的なノリなので、堀江さんの意見に乗っかってみたというのもありますw

あとは単純に「子どもにスマホを与えたらどうなるかの実験」ですかねw

といっても解約しているものなのでWi-Fi環境がないとネットにはつながりません。ですので使用場所は無線LANがある自宅のみです。

スマホを与えて分かったのは

  • 基本、ゲームしかしない
  • ゲームの課金をたまにせがんでくる
  • 外には持ち出さない
  • ゲーム以外で使うアプリは写真・電卓・LINEくらい
  • 検索は手入力(5年生)、ボイス(1年生)

基本、ゲームしかしない


やっぱりそうなっちゃうかぁ~、という感じですねw

子どもはゲームが好きですからね。App Storeで検索しては「このゲームいれて~」と頼んできますw

なので無料のもので教育上特に問題なさそうなものなら入れてあげます。

入れるとすぐに遊んで面白くなければ自分で消しているようです。そういう意味では、今、子どものスマホには、いけてるゲームだけが勝ち残っているということになります。 

レビュー書かせたらゲーム会社の人は若者の意見を取り入れられて役に立つだろうし、子どもは作文の練習になっていいのかな・・・。

クレーマーにならないといいけどw



ゲームの課金をたまにせがんでくるw


5年生の娘は、今、「ポケコロ」に夢中です。めっちゃはまってます!

朝起きたら、すぐにスマホを開いて何やらチェックしています。アプリ内に掲示板があり、友だち(ポケ友というらしい)とメッセージのやりとりができるので、それをチェックしているのかな。

子どもが寝た後もピロピロと通知がちょくちょく来てうるさいのでマナーモードにしていますw

ポケコロはキャラクターの着せ替え等ができるゲームなんですが、ゲーム内に“ドナ”という通貨があります。これでガチャを引いたり、服を買ったりできるようです。

普通に花の水やりとかしてドナは稼げるようなんですが販売もされています。「なるほど~、ここがマネタイズのポイントか!アプリは無料で配ってドナを販売する。よくできてるな~!」(って関心してる場合か!!w)

たまに、どうしても気になる服やカツラがあると「ドナ買って~」とせがんできますw

なかなかアプリ内の作業だけではドナが貯まらないようなので。

しょっちゅう買ってやるわけではありませんが、子どもの誕生日や祖父母からのお小遣い等の臨時収入で買ってあげています。

今はもうそんな時代なんですね。誕生日プレゼントが「もの」ではなくアプリ内通貨の「ドナ」みたいなw

そのうち、お年玉はLINE Payで、とか、仮想通貨で渡すみたいな感じになるんでしょうね。現金を見る機会も減っていくんでしょう。

ちなみに1年生の息子はまだ一度も課金をせがんだことはありません。そのうち言ってくるのかなw



外には持ち出さない


これは意外でした。出かけるときとか持っていくのかな?と思っていましたが持っていきません。

Wi-Fi環境がないとネットに接続できないというのは理解していないようなんですが、なぜか持ち出さないんですよね。Wi-Fiなくても使えるゲームはあるのに。

出かけるときは目的が「ゲームをすること」じゃないからでしょうか。暇つぶしに持っていくという感覚はないようです。



ゲーム以外で使うアプリは写真・電卓・LINEくらい


写真はよく使ってますね。あと動画撮影も。まあ、これは大人もよく使いますので、そうかという感じですね。ユーチューバーに憧れる息子はおねえちゃんに動画を取ってもらって練習していましたw

デフォルトで入っている「iMovie」の使い方を教えたら編集にハマって自分達で動画を作っていました。でもすぐに飽きて今はもうやってませんが。アフレコいれたりしてましたよw

電卓は上の子が「算数の宿題の答え合わせ」をするときに使っていました。

子どもはちょっと教えてやると、あとは自分で好き勝手にどんどんやって、知らないうちになんでも使えるようになりますよね。

だから大人の役割はちょっとしたきっかけをたくさん作ってやることなんじゃないかと思います。

LINEは留守番中の連絡のやり取りのために入れています。今は親とのやり取りだけなので友だちとのつながりはありません。SIMカードの契約はしていませんが、今はWi-Fiがあれば無料で電話ができるので便利ですよね。

仕事中は「緊急事態のときしか電話をかけてこないように」と釘を刺しているんですが、たまにどうでもいいことで電話をかけてきます。タブレットのパスワード教えてとかw



検索は手入力(5年生)、ボイス(1年生)


ゲームのアプリを検索するときやポケコロのメッセージのやり取りなど、娘(5年生)は指でタップして入力しています。

ただ、フリック入力じゃなくて、ガラケーの連打方式なんですよねw フリック入力を教えたんですが分かりにくいみたいで画面を連打しています。覚えたらフリック入力の方が断然早いんですけどね。

息子はもっぱらボイス入力です。手入力が慣れていなくて時間がかかるというのが一番の理由のようですが、ボイス入力が楽みたいです。

うちはAmazonプライムを契約しているんですが、そのボイス入力に慣れているというのも大きいと思います。プライムビデオで「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」をボイス検索してよく見ています。




ということで最初はスマホを与えることに少し抵抗がありましたが、今のところ何の問題もありません。視力も落ちてないですし。

逆にこんな便利なものはさっさと与えて使い慣れておけば、あとあと役に立ちますね。友だちよりも先に使っていれば、頭一つ出ることにもなりますし。

親は子どもの目が悪くならないようにとか、変なサイトに巻き込まれないかだけ注意していればいいのではないでしょうか。