ぼくの勤めている会社では入社当時から「裏紙を使って節約する文化」がありました。プリンタで印刷した紙の裏側が真っ白で使える場合は裏側にも印刷をして紙を使いきってから捨てるというやつですね。

必ずしも印刷用紙として使わなくても裏紙をメモ用紙にしたりとかして、ちゃんと使いきってから捨てないといけません。裏紙を捨てようものなら「もったいない!」と社長からガミガミ言われます。

なので普段から社内で使う文書や、ちょっと印刷して確認するだけの書類なんかは意識して裏紙を使うようにしています。というか、そうしていないと社長からやかましく叱られるので、みんなビクビクして裏紙を使っていました。

社長に提出する出張報告書なんかも裏紙で出さないと怒られるので、間違って自動トレイを選択して新品の紙で印刷したときなんか、裏紙で印刷し直して提出していました。時間のムダだし、インクのムダですね。

実にもったいない。本末転倒ですw

そんな感じで裏紙を使うのがすっかり習慣になってプリンタの自動トレイで間違って印刷したときは、なんだか変な罪悪感を感じていました。すごい悪いことしてしまったみたいなw

いつの間にか裏紙を使うことに洗脳されて気付いたら裏紙信者になっていましたw

今、ぼくは入社して15年ほど。入社当時は現役バリバリだった社長も会長になり、今は会社にいっさい出てこなくなりました。

それでも、まだ裏紙文化は根づいたままです。ぼくの同僚は生粋の裏紙信者ですw 後輩達もバリバリの裏紙信者に仕上がっていますw

でも最近、これって本当に節約になっているんだろうかと疑問に思ってきました。で、会社で購入している紙っていったいいくらするんだろうと思って調べてみると

1枚0.6円!

そう、1円もしないんです!100枚裏紙使っても60円、1000枚使っても600円の節約にしかならないw

片側をホッチキスで止めてある紙はホッチキスの芯を外して裏紙に回します。不要になった書類を捨てるときも裏の白いまだ使える紙は抜いてから処分します。

最近、その時間の方がもったいないんじゃないか?と思ってきました。

1枚0.6円の紙をせっせと裏紙に回してチマチマ節約するよりも、もっと大胆に節約できる部分があると思うんですよね。ムダな残業を減らすとか、作業効率を上げるとか、長年勤めているけど仕事をほとんどしていない役職持ちのおっさんをクビにするとか。

この方がよっぽど節約になりますよ!

15年間のマインドコントロールがようやく解けてきましたw

裏紙信者、卒業です!w

長年勤めていると固定観念に捕らわれて、だんだん疑問に思わなくなってくるんですよね。たまには、ちょっと立ち止まって、今やっていることを見直してみることが重要ですね。おかしなルールとか、疑問に思うことがいっぱい出てきそうです。

みなさんの会社では裏紙どうしてますか?