みなさん、おはようございます。

こだまんです。

毎朝、淡々とブログを更新していますが、今日はなかなか何を書くか思いつかずに時間が過ぎています。まだ2ヶ月も経っていないのに早くもネタ切れかw

そんなときパソコンに貼っているワンピースのゾロのステッカーが目に入ってきました。

ゾロ

ちょうど左手が当たる部分なのでこすれて傷んできていますが。確か子どもが買った本の付録でついていたやつをもらったものだと思うのですが・・・忘れましたw

『背中の傷は剣士の恥だ』なんてカッコいいセリフでしょうか。思わず「惚れてまうやろ!」といいそうになりますね。

このステッカーを見たときに電気が走りました。そうだ!今日はこれをブログのネタにしよう!

実は、ぼくには侍の血が流れています。というか、絶対、流れていると思っています。それはなぜかとというと、子どもの頃から刀を持ったキャラクターにずっと憧れていました。

ルパン三世のキャラの中では石川 五ェ門が一番好き、絶対的に!刀を持って戦う姿に憧れていました。ルパン三世の映画がテレビであった次の日は学校でめっちゃマネして遊んでましたねw

そして、ワンピースのロロノア・ゾロ。初めて少年ジャンプで見たときには衝撃を受けました。ただでさえ剣を持ったキャラが好きなのに三刀流なんて反則だ、好きになるに決まってるじゃんwカッコよすぎましたね。

UFOキャッチャーでもゾロをゲットして部屋に飾っていました。なんか、刀を持ったキャラにすごく魅かれるんですよね。刀に魅かれているといってもいい。

ビートたけし演じる「座頭市」も映画館に見に行きました。あれもしびれましたね~。カッコイイ~!

近所に刀を集めているおっちゃんがいて、子どもの頃に遊びにいったときに床の間に模造刀が飾ってありました。それを持たせてもらったら、小さい子どもには重い!いいな~、欲しいな~と思っていました。子ども心に刻まれて、その模造刀のことはずっと覚えていました。

で、そのおっちゃんに数年前、飲み会の席で会ったときに、その模造刀の話をしたら、「もう古いしあげる」という。

30年越しの夢が叶いました。ぼくの侍魂に火がつきました。うれしかったな~!まさかもらえるなんて!!

ここまで刀に魅かれるということは、絶対侍の血が流れている証拠でしょう。前世では絶対、斬り合っていたはずですw

機会があれば日本刀を作ってみたいですね。刀鍛冶師にでもなろうかな~w