みなさん、おはようございます。こだまんです。

最近、ニュースで企業の不祥事が目立ちますね。



1億個www

そんなに売れているんですね碍子って。知らなかったw

品質には問題ないと言っているようですが、お客さんとの取り決めで行うことになっているはずの検査をせずに出荷していることが問題です。

1990年代からということは20年以上も、そういう状態だったってことでしょ。そういう社風なんでしょうね。その間、新入社員もたくさん入っているだろうに。みんな洗脳されていったのかな……。

最初は検査をしないことに対して疑問を持っていた従業員も、上司の指示で、「その検査はしなくていいから」みたいな感じでなあなあになって作っていたということなのかな。

こういう会社はISO9001を取得しているのかなと気になって調べてみたら、どうやら取得しているっぽいです。

1993
オーストラリアに合弁会社「NGK STANGER PTY, LTD.」を設立し、配電自動化機器の現地生産を開始
変・送電用がいし部門においてISO9001の認証を取得
ベリリウム銅展伸材部門においてISO9002の認証を取得
大型触媒担体工場竣工
  ※日本ガイシのHPから一部抜粋



神戸製鋼所にも家宅捜索に入るとのニュースがありましたね。


こちらはデータ改ざん。そして、気になるISO9001は……

HPにISO9001の「認証書のコピー」が掲載されていました。

う~ん、やっぱISO9001取ってるって、何も関係ないんだな(笑)何のために『品質』のISO取ってるんだろう?取引先を欺くため??結局、不正はISOでは防げないってことです。

これはISOの問題じゃなくて、会社の体質の問題だから。不正が常態化してしまっていて改ざんするのが当たり前、お客さんとの取り決めた品質は守らなくてもいいのが息をするように当たり前になってしまって従業員の誰も疑問に持たなくなっていたんでしょうね。恐いです!

【関連記事】ISO9001の認証取得を検討している企業、取得したけど上手く活用できていない企業の担当者にオススメの本を紹介

【関連記事】残業は会社の社風で決まるので働き方改革とか呼びかけたところで意味はない

これは、まだまだ氷山の一角のような気がします。上場企業なのでこうやってニュースで取り上げられていますが、中小企業とかでも普通にやってそうですね(笑)

「これちょっとアレだけどまあいっか、使え使え!」みたいな感じで(笑)でも、元々品質の基準が高い『ものづくり大国日本』なので、それでも問題ないんでしょうね(笑)

でも、こういうのって最初の1回目が肝心で、それを許しちゃうと、なあなあになっていってしまうので上司はしっかりと阻止しましょう。